2019年03月24日

GABANタンドリーチキンを使えば、チャチャっと簡単に本格的タンドリーチキン!

 


レシピブログさんでいただいた、ハウスGABANタンドリーチキン!
タンドリーチキンは以前に作ったことがありますが
GABANタンドリーチキンを使うと、本格的なタンドリーチキンが
チャチャっと簡単に作れました。

strawberryP3202418GABANタンドリーチキン.JPG





ハウスGABANタンドリーチキンは、
12種類のスパイスがブレンドされている本格派スパイス!
家庭で12種類のスパイスを揃えるのは大変ですね。

strawberryP3202397GABANタンドリーチキン.JPG
原材料パプリカ・パン粉・ガーリックパウダー・コリアンダー・クミン・
カルダモン・ターメリック・唐辛子・ジンジャー・オニオンパウダー・
ブラックペッパー・ナツメグ・クローブ・タイム/
加工でんぷん・調味料(アミノ酸等)・炭酸Ca・酸味料・くん液(一部に小麦・大豆含む)


簡単タンドリーチキンのレシピ
材料
鶏もも肉         2枚(約500g)
水            大1
プレーンヨーグルト    大2
GABANタンドリーチキン 1袋


作り方
1 鶏もも肉を1口大に切る。
2 ポリ袋に1・水・ヨーグルト・GABANタンドリーチキンを入れ
  しっかりともみ込み約15分おく。
3 230°に温めたオーブンで約12分焼いて出来上がり。
 GABANスパイスのシリーズは味が少し濃いめなので
  私は表示されている材料を倍量で作っています。
  わが家ではそれぐらいが丁度よい味加減です。



お店に行けばこんなに簡単に本格的なお料理が作れるスパイスミックスが売っています。
手作りにこだわる私ですが、
忙しいときには大助かりです



ハウスGABANシーズニングタンドリーチキン14.3g×5個


それでは皆様
素敵な一日をお過ごしくださいね



レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村












posted by いちご at 06:00| 京都 ☔| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

山口県学校給食大人気のチキンチキンごぼうを作ってみたよ!

 



一度作ってみたかったチキンチキンごぼう!
strawberryP2242286チキンチキンごぼう.JPG




山口県の学校給食で一番人気だとか!
実際のレシピではありませんが、
いちごさんオリジナルで考えて作ってみました。

NHKあさイチでは、甘辛の味だと言っていたので
ほぼ再現できていると思います。

食べてみたら絶品!
こんなお料理が学校給食で出てきたら
給食大好きになりますよね〜

私の小学生時代の給食とは大違い!
低学年頃は、あの有名な脱脂粉乳が出ていた時代です(笑)
3年生頃から瓶入りの牛乳が登場!
今のようにブリックパックの牛乳なんて
その時代には存在すらしませんでした〜

チキンチキンごぼう(いちご再現レシピ)


材料
鶏モモ肉     1枚
ごぼう      約20センチ
酒        大1
塩・こしょう   少々
小麦粉      少々
サラダ油     適量

タレの材料
醤油       50t
みりん       50cc
砂糖       大1 


作り方
1 鶏もも肉は一口大に切る。
2 1に塩・こしょう・酒で下味をつける。
3 ごぼうは皮を包丁でこそげて7ミリぐらいの厚さの斜め切りにして
  酢水に放しておく。
4 2・3と小麦粉をポリ袋に入れてポリ袋を振り、
  全体に小麦粉を付ける。
5 4をこんがりと油で揚げる。
6 あげている間にタレの材料を合わせ、
  こんがりと揚がった鶏とごぼうを5の中に入れ
  全体に絡めて出来上がり。

 お酒のおつまみにするときは、
  下味をつけるときに、一味唐辛子をいれると
  お酒が美味しくすすみます


それでは皆さま
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね




レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村












posted by いちご at 08:00| 京都 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

冬はやっぱり煮込み料理|鶏肉と乾燥シイタケのトマト煮込み

 


今日から2月ですね。
2月といえば節分。立春ですがまだまだ寒い日が続きますね。
寒い冬のわが家の定番料理は、鶏肉と乾燥シイタケのトマト煮込みです。

ワインと一緒に、またご飯にも合うので
家族で美味しく食べられます

strawberryP2012145鶏肉のトマト煮込み.JPG




トマトにはリコピン、干しシイタケは生のシイタケよりもビタミンDがたっぷり!
そんな栄養たっぷりの鶏肉の煮物です。
いつもはトマトジュース・ホールトマト缶で作りますが
食品庫を探してみると見当たらなかったので
トマトケチャップで作りました。

鶏肉と乾燥シイタケのトマト煮込みのレシピ



材料
鶏もも肉     2枚
玉ねぎ      1個(スライス)
干しシイタケ   3枚
パセリ      適量
塩・黒コショウ  少々
小麦粉      少々
オリーブ油    適量

トマトケチャップ 50cc
赤ワイン     大1
醤油       大1
チキンブイヨン  1袋
水        約250t(これ以上でも可)

作り方
1 シイタケの軸をキッチンバサミで切り、水に入れて戻しておく。
2 鶏もも肉を食べやすい大きさに切り、塩・こしょうで下味をつける。
3 2に小麦粉を薄くつける。
4 フライパンにオリーブオイルを入れて、
  3をこんがりと焼く。
5 厚手の鍋にオリーブ油を入れて、スライスした玉ねぎを炒める。
6 5に戻してスライスした干しシイタケとシイタケの戻し汁、
  4の鶏肉を入れ、赤ワインと水をひたひた(約250t)に入れる。
7 はじめは強火で沸騰したら弱火にしてコトコト煮る。
8 スープが2/3ぐらいになってきたら、トマトケチャップを入れて
  さらにコトコト煮て仕上げにお醤油を入れ、とろみがついてきたら器に盛り、
  みじん切りにしたパセリをトッピングして出来上がり。


 レシピを書くために、水の量をきっちりと書きましたが、
  材料が浸るぐらいの量でOK。
  とってもアバウトなお料理ですが、とっても美味しくできました。

調味料の黒コショウは、レシピブログさんのスパイス大使でいただいた
GABANの黒コショウを使っていますが、香りも味も最高に美味しい黒コショウです。
黒コショウはよく使うので、業務用を使っています。



毎日忙しいので、いかにズボラして美味しいご飯を作るかを考えて、毎日お料理をしています。

煮込み料理は、お鍋にお任せして他の用事ができるので、
冬は煮込み料理が多いわが家です。
お部屋も温まるので一石二鳥です。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしください



レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村












posted by いちご at 15:06| 京都 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱会社