2010年05月24日

思えばほんの数年前

 私には、男の子と女の子の二人の子供がいます。子をつけるのには、もうあまりにも大きくなってしまいましたが、私にとっては、いつまでもかわいい我が子。だからあえて子をつけました。
 思えばほんの数年前、忙しい時にかぎって、「お母さん!お母さん!」と何度も呼ばれて、”忙しのに!自分のことは自分で!”なんて思っていたころ。実は幸せなひと時だったことに、今更なが気が付いている私・・・その時々の幸せに、あまりにも鈍感だった私・・・もっと早く気づけばよかった・・・この春から一人暮らしを始めた娘。あんなにもお母さん子だった娘。独り立ちするのは人一倍早かった娘。今何かしてあげたいと思っても、家にはいないのよね・・・
 そう思うと本当に悲しくて悲しくて・・・でも息子が昨夜言ってくれた一言に少し救われた気がします。「今気がついてよかったね!」たった一言なんだけど、この一言に救われました。
 息子には、私の心が大変な時、本当に何度も何度も救われてます。
 娘は娘で私にいろいろなことを気づかせてくれます。
 それぞれに本当にありがとう。
posted by いちご at 00:00| Comment(0) | ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱会社