2019年08月05日

2019年の梅仕事は土用干しで完了|甕の底に残った塩の活用方法

 


毎年恒例の6月ごろから始まる梅仕事!
毎年作る梅干し・梅サワー・梅酒・梅ジュース、
今年はこれに加えて無塩梅干し・梅麹を作りました。

そして梅雨が明け土用に入って土用干しで梅仕事完了です。
梅干しを20%の塩分で漬けたとき
塩が全部溶けないで、甕の下の残ったことありませんか?

もったいないのでその塩の使い方などを書きたいと思います。






2019年の梅干しです。
今年は職場の人から頼まれたりしたので
いつもより慎重に、そしてもみ紫蘇をいつもより多く入れたので
とっても綺麗に仕上がりました。
今日さっそく職場の人に納品?して梅仕事完了!

strawberryP7303348梅干し.JPG


今まではカビを恐れて塩分20%で漬けていましたが
今年の塩の塩分は18%で漬けました。
>>>過去記事 梅干しの作り方

20%で漬けると甕の底に塩が沢山溶けずに残ることがよくあります。
いつももったいないと思いながら、捨てていましたが
昨年はそこに残った塩を土用干しの梅の横でしっかりと干して
ビンに詰めて、冷奴などに使うようにしました。

梅塩



紫蘇の色がきれいに出て
ビンに詰めるとこんなにきれいです。
市販の乾燥剤を入れて保存しています。
こちらの梅塩は昨年のものです。

冷奴に使ったり、おにぎりに使ったり楽しんでいます。
梅干しの防腐効果もあると思い
おにぎりに使ったりとしています。

食事の時にテーブルに出すだけで
とっても綺麗なピンク色なので
食卓が華やぎます。

今年は沢山梅を頂いたので
いろいろな種類の梅干しを作りました。

毎年定番の梅干しに加え、先ほど書いた無塩梅干し、
そして蜂蜜・氷砂糖・りんご酢を使ったぽってり梅漬けなど
いろいろと楽しませていただきました。

参考にした本は、「梅干し最強レシピ」です。
梅のいろいろな使い方、効果などをたくさん掲載されています。
下の帯の部分に
「高血圧・糖尿病・動脈硬化・腎臓病・めまい・頭痛・腰痛・
骨粗鬆症・胃もたれ・ガン・シミ・むくみ・疲労感・五十肩
肩こり・首コリ・美髪・熱中症」と書かれています。
中でも一番気になったやはり「ガン」
です。

ほんまかいな!?と思いましたが
信じる者は救われる(笑)

昔からある梅干し。
絶対に悪いはずないですね

そしてこちらには書いていませんが、
本の中に、無塩梅干しを食べたら、髪の毛がぼうぼうに生えてきた
なんてことも書いてあったので、ちょっと頭頂部が気になりだしたので
無塩梅干しを作りました(笑)
無塩梅干しなら、塩分制限されている方でも安心ですね。


やせる!高血圧、めまいに特効!梅干し最強レシピ (マキノ出版ムック)


アマゾン>>>やせる! 若返る! 病気が治る! 梅干し特効レシピ (焼き梅干し、梅ジュース、梅ニンニク、梅干し化粧水が効く!)
楽天市場>>>やせる!高血圧、めまいに特効!梅干し最強レシピ (マキノ出版ムック)

来年も梅仕事がとっても楽しみです。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね


レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村












posted by いちご at 16:53| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

花椒でピリ辛ポークソテーと行きたかった令和最初の祇園祭山鉾巡行

 


スパイスでお料理上手!とはまだまだですが
毎日のお料理にスパイスをとりいれて、
簡単・リーズナブル・健康をコンセプトに
お料理作りを楽しんでいます。




スパイス大使今月のお題は
刺激がやみつき!辛みスパイス料理対決

頂いたスパイスは、
花椒・ブラックペパー・唐辛子です。
そのなかの花椒を使って、
ポークステーキを焼いてみました。

同じようなお料理が続いてすみません。

ピリ辛ポークステーキ
strawberryピリ辛ポークステーキ(花椒).JPG

辛味スパイス料理レシピ
辛味スパイス料理レシピ  スパイスレシピ検索


ピリ辛ポークステーキのレシピ
材料
豚ロース(とんかつ用)  4枚
塩・ブラックペパー    少々
小麦粉          適量
サラダ油         大1

タレの材料
花椒(ホール)      小1
醤油           大1と1/2
みりん          大1
酒            大1


作り方
1 花椒はすり鉢などですりつぶす。
2 たれの材料をすべて合わせる。
3 豚肉に塩・ブラックペパーで下味をつける。
4 3に小麦粉を薄くつける。
  ※小麦粉を振りかけてから、
   肉を両手に挟んで軽くたたくときれいに薄くつきます。
5 フライパンにサラダ油を入れ、3をこんがりときれいに焼く。
6 5がきれいに焼けたらタレの材料を入れて全体に絡める。
7 食べやすい大きさに切ってお皿に盛りつける。
8 フライパンに残ったタレを少し煮詰めて肉の上にかける。


ピリ辛といっても食べやすい辛さなので
辛いのが好きな方は少し物足りないと思います。
その時は花椒を少し多めにしてくださいね。

今まで花椒は余り気味のスパイスでしたが
このように使うと最後まで美味しく使えそうです。

花椒のレシピ、
もっと考えよう!




今日は、京都の祇園祭の山鉾巡行です。
私は鉾町の近くで育ったので
祇園祭に行かないと夏が始まらない!
でも今年は残念ながらいけませんでした。
strawberry祇園祭 宵山祇園祭.JPG
(主人が撮った宵山のお写真です)

本当に残念・・・
でもお囃子は聞きたいので
KBS京都の中継をず〜っと見ていました。

令和初めの山鉾巡行には行けませんでしたが
来年は絶対に行きたいです。

祇園さんの後祭りは7月24日。
後祭りは行けるかな・・・
仕事と体力次第ですね。


それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね




レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村












posted by いちご at 13:51| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

梅こうじスカッシュで夏バテ知らず

 



梅こうじスカッシュ

strawberry梅こうじ2梅こうじ.JPG

食べる点滴として栄養価が高く
夏バテ・脱水症状などに良いといわれている甘酒ですが
独特の甘さがあり、私は少し苦手です。
でも完熟梅で作った梅こうじなら
とっても美味しく食べるが出来ました。






今年梅仕事をするために購入した本に紹介されていた梅こうじ。
梅こうじも2種類あって、完熟梅を使ったものと
梅干しと甘酒を使ったものがあります。
1年に1度の旬の時期にしか無い完熟梅を頂いたので作ってみました。

作り方はとっても簡単ですが
炊飯器を使うので、仕込むタイミングが難しかったです。

あくる日の仕事が休みの日の夜に仕込んで朝に出来上がり。
または、息子の夕食がいらない日の午前中など
仕込み時間にかなり四苦八苦しましたが出来上がりました(笑)



梅こうじの作り方
材料
生梅   200g(完熟梅)
米麴   250g
お湯  200t(50度)


作り方
1 しっかり洗った梅のヘタを竹串などでとり 
  分量の米麴・お湯と一緒に炊飯器に入れる。
2 炊飯器のフタはしないで、ふきんをかけて保温モードにする。
3 途中で全体をかき混ぜながら、約8時間たったら出来上がりです。


梅こうじスカッシュは、出来上がった梅こうじの種を取り
小1〜2をグラスに入れて炭酸水を注ぐだけです。

簡単でしょ

保存は冷蔵庫で約1週間。
冷凍なら約3か月なので
製氷皿に入れて冷凍したものを
ジプロックで保存しています。

甘酒はかなり苦手で飲めませんが
梅こうじなら梅の酸味が甘酒の甘みとの相乗効果で
とっても美味しくなりました。

梅こうじの食べる目安は
1日にコップ半量ぐらいなので
喉が渇いたら梅こうじスカッシュを飲んでいます。

梅こうじについて詳しく「60代の健康食生活ノート」に書きましたので
「60代の健康食生活ノート」もよろしくお願いいたします。
>>>梅こうじ

梅雨の時期の梅雨ダルに効果があればと思って
飲み始めてまだ2日目ですが
お薬ではないので即効性ありませんが
麹だから絶対に体に良いはず!
そう思ってこの夏は梅こうじスカッシュで乗り越えたいと思っています。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね



レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村












posted by いちご at 11:10| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱会社