2015年02月16日

懐かしいお餅のピザ


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お餅のピザを初めて食べたのは
学生時代にスキーに毎年行っていた白馬アルプスホテルの近くにある
”すずらん”という喫茶店。

お餅のピザと言うメニューを見た時興味津々。
昔から珍しい食べ物を見るとわくわくするところは変わっていません(笑)

初めて食べたお餅のピザの美味しかったこと
その時のことをふと思い出して作ってみました。

お餅のピザのレシピはとっても簡単。
だってピザ生地を作らなくっていいんですものね〜
レシピと言うほどのものではありませんが

お餅のピザのレシピ

材料
角餅      2個(半分の薄さにスライス)
玉ねぎ     適量(スライス)
ウインナー   2本(スライス)
いんげん    1本(斜め切り)
ピザ用チーズ  適量
ピザソース   適量


作り方
1 耐熱容器に薄く油をひいて
  薄くスライスしたお餅を敷き詰める。
2 1の上にピザソース、玉ねぎを乗せピザ用チーズをのせる。
3 2の上にウインナーとインゲンを載せ
  オーブントースターで焼いて出来上がり。


実はピーマンが無くって、いんげんで代用しました。
そしてレシピにはピザソースと書きましたが
急に思い立ったので作れずに
これもトマトケチャップとスイートチリソースを混ぜて
急きょ、ピザソースの代わりにしました。

冷蔵庫にあるもので、なんとか作るのが私流。
出来るだけ、冷蔵庫の断捨離しているつもりが
気がつくと満杯の冷蔵庫。
いらないものいっぱい買っているんでしょうね〜
気をつけなくっちゃいけません。

今週は買い物に行かないで
まずは冷蔵庫と食品庫のあるもので乗り切りたいと思います。

いちば〜ん初めに書いた
このお餅ピザを初めて食べたお店
ググってみましたが、出てきませんでした。
無くなったのかな〜
もうかれこれ30年余り前ですものね。
懐かしいな〜
あればもう一度行ってみたいです

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね




レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




posted by いちご at 05:50| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | パーティーメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

簡単・スピードピザでクリスマス♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




簡単・スピードピザ

ピザ.jpg

Cpicon 簡単・スピードピザ by ストロベリーパイ


おはようございます


昨日からの爆弾低気圧

私が住む、京都、長岡京では

台風並みの強風で、雪は降りませんでしたが

今朝起きてみると、

うっすらと雪景色



北から南まで、大雪なのに。



それでは、今日ご紹介するお料理は

あっという間に作れちゃうというピザ



ほんと、あっという間なんですよ


簡単・スピードピザのレシピ

生地の材料

強力粉      120cc

薄力粉      80cc

塩        小1

イースト     大1

オリーブ油    大1

水        80cc



ソースの材料

ケチャップ     大2

スイートチリソース 大1/2

オレガノ      適量



トッピングの材料

ウインナー     2本

玉ねぎ       1/2個(スライス)

ピーマン      1個(輪切り)

ピザ用チーズ    たっぷり



作り方

1 まず、生地を作る。

2 生地の材料をすべてボールに入れ

  手につかなくなるまで、お箸でグルグルまぜる。


ピザ工程1.jpg


3 これぐらい、ボソボソした感じになってから

  手でこねる。


ピザ工程2.jpg


4 生地がまとまってきたら

  まるめて、ラップをかけて約15分

  室内の暖かいところで、約2倍の大きさになるまで寝かす。

  (冬場は、ホットカーペットの上などで寝かすと
 
   早く発酵します)


ピザ工程3.jpg

5 ホットカーペットの上で約15分発酵させたものです。

ピザ工程4.jpg


6 5を2等分にして、

  お皿の大きさに合わせて、

  手で広げる。


  厚い生地をお好みの方は

  2等分しないで、1枚の記事としてお使いくださいね。


ピザ工程5.jpg


7 6を200度のオーブンで

  約10分下焼きをする。

8 7にピザソースを塗り、

  お好みの具材をトッピングして

  220度のオーブンで、約10分焼いて出来上がり



ひらめき ピザの生地が出来た段階で下焼きするのは

 材料をトッピングして約までの間

 時間があるときに下焼きすると、

 生地の発酵が止まるためで、

 すぐトッピングして焼く場合は

 下焼きはしなくてもOKです



上のひらめきは、私が下焼きせずに

トッピングしておいて、いざ焼こうと思ったときに

すご〜く発酵してしまっていて

美味しくなかったという失敗から学んだ方法です
(笑)


凄かったんですよ〜

ぷわ〜っと膨れちゃって(笑)


オットはクリスピータイプのピザが好きなので

私は、出来る限り薄くのばします



生地の厚さも、お好みで調節して下さいね


このピザ、

お休みの日のブランチにも

とっても喜ばれますよ〜



だって、室内で発酵できるから

簡単、簡単〜



オーブンが無くっても、

発酵は室内で、

焼くときはオーブントースターorグリルで焼けちゃいます



グリルで焼くときは

私は、このグリルフライパンを使っています



魚焼きグリルでかんたん本格レシピ
(グリル・プレートつき!)



一度作ってみてね


それでは皆様

今日も素敵な一日をお過ごしくださいね




レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




posted by いちご at 06:26| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | パーティーメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

クリスマスパーティはスペアリブ(ブルーベリージャム)でおもてなし♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




スペアリブ(ブルーベリージャム).jpg


おはようございます晴れ


もうすぐ、クリスマス


聖夜・ジングルベルが町のあちこちで聞こえてきます


そしてクリスマスパーティ


おうちでクリスマスパーティのおもてなしに

スペアリブはいかがですか?



意外と、簡単ですよ〜


スペアリブのレシピ

材料

スペアリブ      500g

醤油         大1

ジャム        大1

白ワイン       大1

塩・コショウ     少々

カラフルペッパー   少々(トッピング用)

ネギ         10センチ(半分に切る)

ショウガ       1片(スライス)



作り方

1 スペアリブ・ネギ・ショウガをたっぷりの水に入れ

  強火で沸騰したら弱火にして、約20分茹でる。

2 1の水けをきり、調味料と一緒にポリ袋に入れて

  冷蔵庫一晩で休める。

3 2をオーブンのグリルで、20分焼く。

4 3をお皿に盛りつけて、カラフルペッパーをトッピングして

  出来上がり。


 
ひらめき スペアリブを漬けこむジャムは

 マーマレードが定番ですが

 今回のジャムは、

 この夏にブルーベリーサワーを作ったときの

 一緒につけたブルーベリーを、

 もったいないので、ジャムにしたのを使いました。

 スペアリブの上に乗っている、

 干し葡萄のようなのが、ブルーベリーです。


ブルーベリーサワーの作り方 >>> 


酢につけているので

ジャムにしてもね〜



なんて思っていましたが

捨てるのも、心もとないので

お砂糖を多めに入れて作ってみたら

とっても美味しかったんですよ



いつも、食材を最後まで使いきる私です


楽しく節約しなくっちゃね

もったいないお化けが来ちゃいます(笑)


それでは皆様

今日も素敵な一日をお過ごしくださいね





レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




posted by いちご at 06:28| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | パーティーメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱会社