2019年09月20日

レンチンシャウエッセンで簡単朝ごはん

 


ニッポンハムシャウエッセンの新テイスト「シャウエッセン チェダー&カマンベール」を使って
レンチンレシピのモニターで、
「シャウエッセン チェダー&カマンベール」を頂きました。




今回はなぜかキレイにお写真が撮れなくて、
投稿期限9月24日でギリギリになってしまいました。
あと4日あり、もう一度お写真撮りなおそうと思ったのですが
キレイに撮れるかわからないので、
記事をUPさせていただきますね。
もっとおシャレに写したかったんですけど・・・

「シャウエッセン チェダー&カマンベール」を使った
これから涼しくなると温かいスープが恋しくなりますね。
朝食にピッタリのレンチンで簡単お手軽スープをご紹介します。

シャウエッセン チェダー&カマンベールでレンチン簡単トマトスープ
strawberryP9183683シャウレンチン.JPG
手軽なレンチンでシャウエッセンと濃厚チーズのおいしいコラボを楽しもう♪
手軽なレンチンでシャウエッセンと濃厚チーズのおいしいコラボを楽しもう♪


熱々のスープに濃厚チーズがとろ〜りと溶けだして
とっても美味しい朝ごごはんにピッタリのスープです。


シャウエッセン チェダー&カマンベールでレンチン簡単トマトスープレシピ

材料
シャウエッセン チェダー&カマンベール 1本と半分
キャベツ                適量
コンソメスープ            大3
トマトケチャップ           大1
塩・胡椒               少々

作り方
1 シャウエッセン チェダー&カマンベールを半分に切る。
2 キャベツを千切りにする。
3 耐熱容器に2のキャベツを入れる。
4 調味料をすべて入れる。
5 半分に切ったシャウエッセン チェダー&カマンベールをのせる。

strawberryP9183679シャウレンチン.JPG
6 ラップをして、600wで1分30秒加熱して出来上がり。

 機種によって加熱時間が微妙に違うので
  調節してくださいね。





strawberryP9183680シャウレンチン.JPG
今回使ったのは長谷園のプチ鍋です。

strawberryP9183681シャウレンチン.JPG

この土鍋は蓋をしてそのままレンチンできるので
ラップをする必要はありません。
遠赤外線の効果で、こちらの土鍋を使うとより早く美味しく作れます。
ココットにラップして作っても同じように作れます。

楽天市場>>>長谷園 プチ鍋
アマゾン>>>長谷園 プチ鍋 ブラック ZK-42

私のお気に入りのキッチン用品を別サイトで紹介させていただいています。
そこで長谷園の特集を書いていますのでもしよろしければご覧くださいね>>>私の台所道具とお料理 長谷園一覧

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね








レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村












posted by いちご at 11:22| 京都 ☁| Comment(0) | スープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

スパイス大使|あったかほっこり里芋のクリームスープ




にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

里芋と鶏肉のクリームスープ
strawberry-nikki.seesaa.net 里芋と鶏肉のクリームスープ.JPG

おうちバル料理レシピ
おうちバル料理レシピ  スパイスレシピ検索

スパイス大使今月の課題は、ワインに合う簡単レシピということですが
今日ご紹介するレシピは、いただいたイタリアンパセリをトッピングした
旬の里芋を使ったほっこりと温まる、里芋と鶏肉のクリームスープです。
夜ご飯・寒い朝でも、どちらでも美味しく頂けます。

わが家では、今朝は朝ごぱんに食べました。
strawberry-nikki.seesaa.net 里芋と鶏肉のスープで朝ごぱん.JPG




里芋と鶏肉のクリームスープのレシピ
材料
鶏肉         300g
里芋         10個
玉ねぎ        1/2個
人参         3センチ
小麦粉        大1
オリーブ油      適量
牛乳         100t
生クリーム      50t
水          ひたひた
塩          小1/2
ホワイトペッパー   少々
ローリエ       1枚
GABANイタリアンパセリ 少々

作り方
1 里芋は皮をむき、玉ねぎはくし切り、にんじんは乱切りに、鶏肉は食べやすい大きさに切る。
2 鍋にオリーブ油を入れて玉ねぎを入れて炒め、しんなりしてきたら
  小麦粉を茶こしなどで振り入れ、さらに炒める。
3 2に鶏肉を入れて炒める。
4 3に里芋・人参を入れて水をひたひたになるように入れ、
  ブイヨンを入れて火にかける。
5 ローリエに切れ目を入れて加え、初めは強火で、沸騰したら弱火にしてコトコト。
6 里芋・人参が柔らかくなったら牛乳を加え、塩・ホワイトペッパーで味を調える。
7 最後に生クリームを入れて、さっと火を通して出来上がり。
8 7を器に盛り付けて、GABANイタリアンパセリをトッピングして出来上がり。


先日胃の手術をした旦那さんの為にもと
毎日体に優しいお料理を考えています。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね

レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村













posted by いちご at 15:48| 京都 ☁| Comment(1) | スープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

スパイス大使|とってもやさしいお味の白菜とベーコンのスープ


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

やさしいお味の白菜とベーコンのスープ


グリル&煮込み料理レシピ
グリル&煮込み料理レシピ  スパイスレシピ検索

こんにちは
とっても気持ちの良い日曜日ですね。
日差しはもう春
お孫ちゃんのさっちゃん、後2週間でお父さんがお迎えに来ます。
考えるだけで涙がボロボロ……
ポロポロじゃなくってボロボロね。
あと2週間、ばばちゃんの顔を忘れないように
しっかりとお世話しなくっちゃ〜
「忘れるって!」と言われていますが(笑)
でもきっと嗅覚と聴覚は、まだしっかりとしていると思うので
ばばちゃんの香りと声、そしてピアノの音色で
私と分かるように、毎日可愛がっちゃお〜

それでは今日のお料理は
離乳食最終の1歳児にもやさしい、
白菜とベーコンのスープのご紹介です。

先日娘の友人の1歳の女の子も
パクパク食べてくれました〜




やさしいお味の白菜とベーコンのスープ
材料
白菜       1/4個
ベーコン     2枚
ブイヨン     1個
水         ひたひた
GABANローリエ   1枚
GABANドライパセリ 少々


作り方
1 白菜はざく切り、ベーコンは6ミリ位に切る。
2 鍋に1を入れ、上に切れ込みを入れたローリエ、
  ブイヨンを割りいれて、水をひたひたに入れる。



3 2を強火にかけ、沸騰したら弱火にして
  白菜が柔らかくなるまでコトコト煮て出来上がり。
4 3を器に入れて、GABANのドライパセリを振って
  さあ召し上がれ〜


ベーコンの塩味で、味付けしなくても
 丁度良いぐらいのお味です。
 大人は食べるとき、GABANブラックペッパーを振りいれると
 さらに美味しくなります。


こちらのスープも、わが家の定番で
お塩を使わず、ベーコンの塩味だけです。
子どもが小さい頃は、薄味でと重宝していましたが
シニアになった今は、減塩を心がけるようになり
結局ず〜っとわが家の定番のスープです。

冬場の余った白菜の消費にも大活躍。
とってもやさしくって、温まるスープです。
最近ではこの白菜スープに、GABANのジンジャーを振りいれたりして
さらにあったかスープで、さむ〜い冬に重宝しています。

お孫ちゃんが産まれると、
離乳食にも応用できるレシピを、沢山考えそうです。

わが家では毎日がおうち居酒屋さんのようなメニューですが
これからはそれプラス、赤ちゃんに優しいレシピも生まれそうです。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね





レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村






posted by いちご at 12:04| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | スープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱会社