2017年01月10日

生湯葉と豆腐のあんかけ丼であったかお昼ごはん


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村


生湯葉と豆腐のあんかけ丼
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
生湯葉と豆腐のあんかけ丼 にゅうめん カボチャの甘煮 
辛子明太子 七草の残りの浅漬け


おはようございます。
本格的な冬到来と言った感じの日本列島。
明日から関西も寒くなるようです

今年に入ってから毎日冷蔵庫の残り物整理をしています。
やっと冷凍庫の底が見えてきました(笑)

今日ご紹介するお料理は、冷凍庫に眠っていた生湯葉を使った
ほっこり・あったかお昼ごはんです。
あんかけ大好きの私の絶品料理です。

昨日のお昼ごはんは家族全員集合の
夜ごはんのようなお昼ごはんでした。

生湯葉と豆腐のあんかけ丼のレシピ(4人分)
材料
生湯葉      2本
豆腐       1/2丁
卵        3個
みつば      1束
片栗粉      大1/2
水        大1/2
出汁       500ml
みりん      大1
砂糖       大1/2
塩        小1/2
白醤油      大1
醤油       大1/2

作り方
1 でつゆを作る。
2 1に3センチ位に切った生湯葉、さいの目に切った豆腐を入れる。
3 煮立ったら、水溶き片栗粉でとろみをつける。
4 3に溶き卵を回し入れて、サッと人混ぜして三つ葉をちらして蓋をする。
5 器にごはんを盛り付けて、4をかけて出来上がり。


白醤油と醤油は、薄口しょうゆor醤油に変更しても大丈夫です。
 色を綺麗に仕上げたかったので白醤油を使いました。

明日からの極寒には、ショウガをプラスすると
とっても温まります。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね



レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村






posted by いちご at 06:54| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

おせちリメイク|五目ちらし寿司


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

おせちリメイク|五目ちらし寿司
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おはようございます
お正月の3が日も今日でおしまい。
そろそろおせち料理に飽きてきた頃ですが
お煮しめは大量に作らないと美味しくないため
まだまだ余っています。
でも家族は「もういらない〜」なんていうご家庭もあるのでは?

そんな時のお煮しめの救済に「五目寿司」はいかがですか?

実は今日のお昼ごはんは「おせちリメイク 五目寿司」です。
これにほうれん草の胡麻和えと、おすまし汁を添えるつもりです。






おせちリメイク「五目寿司」はいたって簡単。
お煮しめの具材を、全て細かく切り
寿司酢と一緒にご飯に混ぜて冷ますだけ。
その上に錦糸卵と、お煮しめの飾り切りにした人参と絹さやで
お花を作りました。
来年のお正月は、孫に作ってあげたいわ〜

ご飯はわざわざ炊いたのではなく
冷凍庫に保存してある冷凍ご飯をチンしただけ。
とっても簡単に、ちょっとおしゃれなお正月のお昼ごはんが出来ました。

ご飯が余った時、冷凍にしておくと
こんなときにとっても便利です。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね


レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村






posted by いちご at 11:14| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

宮崎産原木しいたけ・新米宮崎コシヒカリで、母直伝「京風ちらしずし」


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

母直伝 京風ちらし寿司

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏おかずの料理レシピ
夏おかずの料理レシピ


こんばんは。
今日は夕方からとっても涼しくなって過ごしやすい京都です。

久しぶりの、こんな時間の更新です。

今日ご紹介するレシピは
先日モニターで頂いた宮崎産原木乾しいたけと、宮崎産新米こしひかりを使って
子供のころからお寿司と言えばコレ!
京都のちらし寿司のご紹介です。

東京育ちの主人は、
「刺身がのっていない寿司は寿司じゃない!」と言いますが
私にとっては、お寿司と言えば、母のこの京風ちらし寿司とサバ寿司。
かけがえのない私の思い出のお寿司です。

京風ちらし寿司のレシピ
材料
ごはん      2合分(写真は1合分)
寿司酢      適量
ちりめんじゃこ  15g
塩ゆで絹さや   6枚
紅ショウガ    少々


(具)
高野豆腐     1/2枚
竹輪       1本
人参       3p(千切り)
出汁       100cc(シイタケの戻し汁と合わせて)
砂糖       大1
白醤油      大1
みりん      大1/2


しいたけの含め煮 1枚

しいたけの含め煮の作り方
しいたけ     3枚
しいたけ戻し汁  150cc
砂糖       大2
醤油       大2
みりん      大1


錦糸卵(薄焼き卵)の材料
卵        3個
酒        少々
砂糖       一つまみ


寿司酢の材料(多めの材料です。残りは冷蔵庫で保存してくださいね。)
米酢         180ml(1合)
砂糖         大さじ5
塩          大さじ1 



京風ちらしの作り方
1 しいたけはたっぷりの水につけて戻しておく。
2 寿司酢の材料を合わせておく。
3 2にちりめんじゃこをつけておく。
4 ちらし寿司に混ぜる具を炊いて冷ましておく。
5 1のしいたけを含め煮の材料で煮て冷ましておき、
  そのうち1枚を薄くスライスして、残りの2枚は
  冷凍して、お素麺、酢の物の具などに使う。
6 炊きたてのご飯にちりめんじゃこを浸けた寿司酢・
  4を少し絞ったものを入れて切るように混ぜて冷ましておく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7 錦糸卵を作る。
8 6を器に入れ、7の錦糸卵をひきつめて
  その上に5のしいたけ、絹さや、紅ショウガをのせて出来上がり。

しいたけの含め煮を初め、混ぜる具を炊いたり
合わせ酢を作ったりで、かなり手間のかかるお寿司ですが
でもあるもので、ちゃちゃっと作るのが京都風なのかな?
この中に酢レンコンを入れたりもします。
京都市内は海が遠いので、このようなお寿司が主流だったのでしょうね。

もちろんお雛祭りのお寿司も、
この京風ちらし寿司です。

京風ちらし寿司・サバ寿司を見ると
毎年5月のお祭りの時に、沢山つくって
親戚中に配っていた母の姿を懐かしく思い出されます。
そんな時、本当に心配ばかりかけていた私だったので
もう一度会って、
「安心してね。しっかりと自分達の足で歩いていけるように
頑張るから見ていてね」
そう伝えたいです。

それでは皆様
素敵な明日をお迎えくださいね


レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村






posted by いちご at 22:11| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱会社