2019年06月30日

夏越祓(なごしのはらえ)と牛乳パックで簡単水無月レシピ


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

6月30日は夏越祓(なごしのはらえ)。
1年の丁度真ん中に当たる今日は、夏越祓(なごしのはらえ)と言って
半年分のけがれを落とし、厄をはらいこれからの半年を無病息災で過ごせますようにと言う
平安時代初期の国家の法制書『延喜式』でしるされ、遠くいにしえの時代から始まった
夏越しの行事です。




6月30日の夏越祓(なごしのはらえ)では、
各神社では神前に直系2mを超えるくらいの大きな茅萱(ちがや)の輪が設けられます。
参拝者がその輪をくぐって厄落としをし、無病息災・招福がもたらされると言われています。

京都では古くからこの日は、「水無月」という和菓子を食べて
厄を落とすという風習があります。
宮中では旧暦の6月1日に氷の節句というのがあり、
氷室の中で氷を口にしてを健康に過ごせるようにという行事がありましたが、
その時代、庶民には氷は高嶺の花で高級品だったので手に入らず
氷をかたどった和菓子「水無月」を食べたそうです。




子どもの時から6月30日は「水無月」の日ということで
祖母・母が「水無月」を買ってきて、その日のおやつは「水無月」でしたが
冷蔵庫のある時代「水無月」はそんなに冷たくなく
「なんで水無月なん?アイスの方が冷たいやん」なんて思っていましたが
このような歴史のある行事だったのですね。

そのように感じていた私も、歳を重ねたからなのでしょうか
やっぱり6月30日は「水無月の日」と、子供たちに教えています。
数年前までは和菓子屋さんで購入していましたが、
昨年から牛乳パックと電子レンジで簡単に出来るレシピを教えてもらったので
今日もそのレシピで作りました。

牛乳パックで簡単水無月>>>牛乳パックで簡単水無月♡

材料は、小麦粉・上新粉・砂糖・甘納豆で簡単に作れます。
一度作ったら、買ってなんかいられません(笑)
あっと言う間に出来て、しかも添加物なしで安心です。
6月30日だけと言わず、一度作ってみてくださいね。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね


レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村






posted by いちご at 10:47| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いちごさん
今晩は
和菓子
水無月
素敵なお菓子をお造りですね
美味しそうです
素敵なレシピ
ありがとうございます。
Posted by ryuji_s1 at 2017年06月30日 18:39
ryuji_s1さんへ
牛乳パックで簡単に出来るので
昨年から家で作っています^^
いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2017年07月08日 17:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX取扱会社