2016年09月08日

ミラノ風鶏胸肉でボリューミーな息子の朝ごはん


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村


鶏胸肉のミラノ風の朝ごはん
ichigo-%e9%b6%8f%e8%83%b8%e8%82%89%e3%81%ae%e3%83%9f%e3%83%a9%e3%83%8e%e9%a2%a8
鶏胸肉のミラノ風 カボチャの甘煮 おかか万願寺 20世紀ナシ

おはようございます
昨日から、大雨・雷の京都長岡京です。
先ほどまで豪雨。
今は上がってますが、いつ降り出すか分からない空模様です。

今日のタイトル”ボリューミーな息子の朝ごはん”
先日の息子の公休日の朝ごはんです。
実は前日の夕ご飯を、ほぼそのまま出しました。

前日は珍しく少し早く帰ってきて元気そうだったので
鶏胸肉のミラノ風を沢山揚げている間に
気がつくと、リビングのカーペットの上で爆睡
息子が好きなので、沢山揚げてしまいました・・・
まあ、疲れているから仕方ないんですけど
沢山揚げたのどうしよ〜
冷凍してお弁当にと思っていたのですが
朝起きるなり、昨日の晩ごはん食べるということで
冷凍したのを解凍して、朝ご飯をセッティング。
前日はひじきの煮ものもありましたが、食べちゃいました。
ということで、メインの鶏胸肉のミラノ風のほかは
カボチャの甘煮とおかか万願寺です。





鶏胸肉のミラノ風のレシピ
材料
鶏胸肉      1枚
GABANドライパセリ 適量
粉チーズ      適量
塩・コショウ    少々
小麦粉       適量
パン粉       適量


作り方
1 鶏胸肉は7ミリぐらいの削ぎ切りにする。
2 1に塩・こしょうする。
3 パン粉にGABANドライパセリと粉チーズを混ぜる。(多めの方が美味しいです)
4 2の鶏胸肉に小麦粉を薄く付け、卵にくぐらせて3のパン粉をしっかりとつける。
5 フライパンにオリーブ油を約1センチ位入れて
  4を揚げ焼きにして出来上がり。


普段は生のパセリを細かく刻んで混ぜ込みますが
この日は無かったので、GABANドライパセリを使いました。
GABANドライパセリがあると、とっても便利ですよ。
わが家ではこのサイズを常備しています。



こちらの鶏胸肉ミラノ風は、
鶏胸肉を薄く削ぎ切りにして、衣に粉チーズがたっぷりと入るので
腹もちがよく、鶏胸肉1枚で2人分は十分賄えるという
超節約レシピです。

その上美味しいので、子どもたちが小さい頃から
このレシピに助けられました。

久々に作ろうと思ったら、粉チーズが無かったので
以前にモラタメさんから頂いた、小岩井旨みほろほろチーズが
一袋冷蔵庫に残っていたのでおろし金で削って使いました(笑)

>>>こつまみ|小岩井 旨みほろほろチーズとアボガドの刻みわさび合え、富翁 純米酒 プルミエアムールでちょっと一杯♡

冷蔵庫であるものをアレンジして食べきる!
最近の私のモットーとしていることです。
まあ、当たり前の話ですが、それがなかなか出来ていなくって
以前は食材を勿体ないことになっちゃったりしていましたが
今は、あるものでアレンジしていろいろに使い切れるようになりました。

忙しくって、お買い物になかなか行けないのが現状ですが
それがラッキーなことに節約につながっているんです。
息子も不規則なので、息子用に作った食事を
あくる日に夫婦で食べきるという生活が続いているのも事実ですね。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね




レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村






posted by いちご at 11:21| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 朝ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
」いちごさん
こんにちは
鶏胸肉のミラノ風 
素晴らしいレシピありがとうございます。
カボチャの甘煮 
おかか万願寺 
20世紀ナシ
素敵な献立
お料理
美味しそうです
Posted by ryuji_s1 at 2016年09月08日 11:55
こんにちは^^

パン粉にドライパセリと粉チーズって、考えたこともなかったです^^;
とってもいいアイデアですね!
チーズ好きのエコおばさんにとっては、とても魅力的です^^
レシピ、ありがとうございましたm(_ _)m
Posted by エコおばさん at 2016年09月09日 10:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX取扱会社