2016年07月23日

スパイス大使|夏野菜のクミン炒め


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村


夏野菜のクミン炒め
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カレーの料理レシピ
カレーの料理レシピ  スパイスレシピ検索


おはようございます
梅雨が明け、毎日うだるような暑さの京都です。
こんな季節は、やっぱりカレー
スパイス大使7月の課題は、カレー&スパイシーおつまみと言うことで
今日ご紹介させていただくのは
おつまみにもご飯にも美味しい、夏野菜のクミン炒め

クミンは普段からよく使うスパイスで
クミン(ホール)と粗塩を炒ってクミン塩を作り
冷た〜く冷やしたトマトに振りかけるだけで
ちょっぴりエスニック風味のトマトサラダを作ったり
カレーを作る時、初めにオリーブオイルでクミンを炒めてから作ると
本格的なカレーに仕上がるので、普段からクミンは私のキッチンに欠かせないスパイスです。

今回スパイス大使で頂いたクミンは、パウダー状なので
とっても使いやすいんですよ。

夏野菜のクミン炒めのレシピ
材料
豚コマ      200g
ナス       2本
ピーマン     1個
人参       2センチ
クミン      少々
ブラックペッパー 少々
塩        少々
醤油       適量


作り方
1 ナスは縦半分に切り、1センチの斜め切りにする
2 1のナス塩をかけてしばらくおき、出てきた水分をキッチンペーパーでふき取る。
3 人参は短冊に、ピーマンもお好みに切っておく。
4 フライパンに油を入れ、2のナス・人参を炒め
  豚肉を入れてクミン・塩・黒コショウして炒める。
5 ナスがこんがりと焼けて、豚肉に火が通ったら
  ピーマンを入れさっと炒めて、最後に醤油をまわしかけて出来上がり。


ナスに初めに塩をするわけは、塩をするとナスの細胞の中に塩が入ることに寄り
  油の吸収を抑える作用があるため、カロリーを抑えられます。

ナスって、油をすごく沢山吸うでしょ。
ナスを炒めるとカロリーが・・・
その心配が軽減されるんですよ。
ちょっとしたひと手間でで、美味しくカロリーが抑えられます。
塩の浸透圧で、灰汁もとれるので一石二鳥です。







ナスにはナスニンというポリフェノールがあり
癌の引き金になる活性炭素の働きを抑えてくれるので
癌の予防になったり、動脈硬化や脳梗塞の予防にもなるんですよ。
ナスニンは紫の皮に含まれているために
皮ごと食べる炒めもの・天ぷら・ぬか漬けで食べのがベストですね。

旬の野菜は栄養価も高くリーズナブルなので
夏野菜は夏の間にたっぷりと食べる!
これが健康の秘訣かもですね。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね


レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村






posted by いちご at 07:32| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いちごさん
おはようございます
夏野菜のクミン炒め
素敵なお料理
おいしそうですクミンの顔り素敵ですね
丁寧な作り方ありがとうございます。

Posted by ryuji_s1 at 2016年07月23日 08:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX取扱会社