2016年05月10日

大分ご当地名物|りゅうきゅう丼とだんご汁のお献立と大分旅行


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

りゅうきゅう丼 だんご汁 ほうれん草の胡麻和え こんにゃくの煮物

おはようございます
4月14日の熊本大震災、今週の土曜日で1か月たちますが
相変わらずの揺れが続いています。
実は娘の嫁ぎ先は大分県。
たまたまその日の午前中から旅行に出かけたために
震災からは免れましたが、いまだに毎日揺れているということ
毎日、気持ち悪い・・・そう話しています。
震災前の10日に結婚式を挙げ、
私は息子とその足で大分県別府に1泊の旅行に行きました。
その3日後のあの熊本大震災
別府市もかなり揺れたといいます。
ちょうど泊まったのがホテルの14階。
「もし今地震が来たら14階だから、逃げるの大変やね。
2階位でいいのに。足痛いから逃げられないよ!」
そう話していた3日後の大地震
もう本当に驚きました。
TVに映し出される映像は、まさに息子と一緒に観光した別府の地獄めぐり
海地獄などの映像。
「あそこで3日前に写真撮ったよ!」そんなことをTVを見ながら話しています。

ichigo 別府海地獄

その時に買ってきたお土産の
大分ご当地名物のりゅうきゅう丼のたれと、だんご汁を使ってのお献立です。

りゅうきゅう丼はあちらでは食べれなかったのですが
結婚式の前日泊まった大分駅の近くの居酒屋さんで
りゅうきゅうという、お刺身の和え物を頂いていたので
味はわかっていましたので、購入しました。
息子は食べたことなかったのですが
「大分はりゅうきゅう丼」と言うことを知っていたので
迷わずにGET


このりゅうきゅう丼のたれは、有名なフンドーキンの物です。
大分県と言えばフンドーキンですね。
昨年娘の嫁ぎ先にご挨拶に行った時、車で案内していただきましたが
フンドーキンの大きな工場がありました。
さすがにフンドーキンのりゅうきゅう丼のタレは、
とっても美味しかったです。
大きな声では言えませんが、駅の近くの居酒屋さんで食べた
りゅうきゅう合えよりも美味しかった


そして大分名物だんご汁。
だんご汁も、私は大分駅前のホテルの朝食で出ただんご汁の味が忘れられずにGET
そのホテルはJR九州のホテルブロッサム。
2015年にオープンしたての、とっても素晴らしいホテルです。
そこの朝食です。

ichigo JR九州ホテルブロッサム朝食10

だんご汁のだんごって丸くないんですよ。
知らないのは私ぐらいかしら(笑)
名古屋のきしめんを太くした感じの麺なんですよ。
とっても美味しかったです。

ichigo JR九州ホテルブロッサム朝食3

この他にバイキング形式でサラダ・お漬物・お写真はありませんが
デザート・ドリンクもありました。

ichigo JR九州ホテルブロッサム朝食6




その時にお世話になった旅行会社は【日本旅行】 お得な宿泊プランをこだわりの条件でらくらく検索!ですが
ネットで早割で予約するとかなりリーズナブルでお得でした。
こんなに素晴らしい朝食が付いていて、
屋上には天然温泉の露天風呂もあり、そのうえ露天風呂を出ると
カフェバーで大分の夜景を見ながらちょっと一杯できるホテルが
ツインルームでとってもお得な1泊7,800円でした。

ichigo JR九州ホテルブロッサムラウンジ3

こちらのJR九州ホテルブロッサムは、駅に直結っしているので
足の悪い母にもとってもラクチンで、観光するときには
車いすも貸してくださって、とっても親切な素晴らしいホテルでした。


>>>【日本旅行】 お得な宿泊プランをこだわりの条件でらくらく検索!

熊本大震災、早く終息しますように
心からお祈りします。
早く、平安な毎日が戻ってきますように。


レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




posted by いちご at 07:07| 京都 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 献立とレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いちごさん
おはようございます
りゅうきゅう丼 
だんご汁 
ほうれん草の胡麻和え 
こんにゃくの煮
美味しそうですね

別府温泉
相当揺れたでしょうね
びっくりでしたね
怖い思いを
でも何事もなく良かったです
Posted by ryuji_s1 at 2016年05月10日 08:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX取扱会社