2015年10月18日

母の命日と主人と息子のお弁当☆照り焼き丼弁当


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村


おはようございます。
今日は母の命日。
昨年の今日、朝の4時15分頃に母は他界しました。>>>
毎日のように、母の写真を見ては、
生前の母を思い出し、母のように年を重ねたいと思う今日この頃。

晩年はアルツハイマーを患い、
見ているのがとってもつらい日々でした。
アルツハイマーを診断されて施設に入所。
施設に入所してからは、だんだんと私のことも忘れていきました。
でも昨年9月1日に癌末期と診断されて
病院に入院してからは、何故か私の事を思い出してくれたようで
「私の子供」と看護婦さんに紹介してくれていました。
名前は思い出せないようでしたが
久しぶりにわが子であることを思い出してくれた時の嬉しさを
今もなお、ように思い出されます。

その時から、ず〜っと???のことは
施設に入っていて、看護婦さんもおられるのに
「癌末期」と言うことが何故わからなかったのか?
肝臓癌で、胃のあたりが盛り上がっていて
医療系の人が見たら癌だとすぐにわかるぐらいだったのに・・・

そのことは、聞くのが怖くって聞けませんでしたが
いまだに???と私の頭の中でグルグル。
でもアルツハイマーと言うことで、
治療するにも、ベッドで静かに寝ていられないので(徘徊)
きっと治療もままならなかったと思うのと
最期をそんな治療で寝たきりにすることを思えば
これでよかったのかな・・・
そう自分を納得させようとしますが
でも、何故???の疑問はきっといつまでたっても
私の心に残ると思います。

だってその前施設に行った時
母が椅子に座るのが辛いらしく、のけぞるようにして座っていて
「最近こんな格好で座られるんですよ」
そう言って、座りなおさせていた職員さん
何故気付かなかったのかな〜
お腹の腫瘍が出っ張っていたから、ちゃんと座れなかったのよね、お母さん。

1年経った今だから、涙なしにこの事を書けますが
1年前は????????状態で
考えると涙が止まりませんでした。

でももう一年、まだ一年。
父は3年前に他界して、バタバタっと2人とも逝ってしまいましたが
やっぱり親にはいつまでもそばにいてほしいという思いは
月日がたっても消えません。
今日はこれから、お墓参り。
両親に会ってきます。


その前に、
今日は久しぶりのお弁当のご紹介。

照り焼き丼弁当 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
鶏照り焼き すぐき菜のお浸し 千切り大根 ウインナー ミニトマト

息子が自宅から通うようになってから、せっせとお弁当を作っています。
息子の出勤が6時前。
出るのが早いので、4時半には起きてお弁当づくり。
早朝なので、前日の下ごしらえは欠かせません。
ほとんど作り終えて、後はレンチンしています。

たとえば、鶏の照り焼きは前夜に焼いて冷蔵庫に入れておいたものを
レンチンするだけ。
出来るだけ手作りしたいので、
こんな感じになってしまうのですが
お昼も何時に食べられるか分からない職場なので
この時期になっても、保冷剤は欠かせません。

そんな環境なので、息子のごはんには力が入ります。
市販のお弁当で済ませることのないようにと
毎朝せっせとお弁当づくりに励んでいます。

あっ!最近いつとはなしに眠いのはこのせい?
でも夜は驚くぐらい早く寝ているんですけど
一日中眠いのは、このせい?それとも季節?
春眠暁を覚えずとは言いますが
秋もまた眠し・・・

眠いけどやること満載の毎日を過ごしています。

昨日はとあるお勉強会に参加。
またまた元気をいただいて帰ってきました。
一生勉強、お勉強は楽しい〜
この歳になってから、お勉強が楽しいというのを知りました。
もっと早くに知っていたら、私の人生変わっていたかな〜?
でも人生に「たら」は無いので、やっぱりこの瞬間を大切に
精一杯生きていきたいと思います。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね






レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




posted by いちご at 07:32| 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | お弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いちごさん
おはようございます
照り焼き丼弁当 
素晴らしいおかずが一杯
おいしそうです

お母様の命日
思い出が尽きませんね
Posted by ryuji_s1 at 2015年10月18日 11:21
ryujiさんへ
母への思いが
本当に付きません。
母がいたら、こんな時
どんなことを言ってくれるだろうと
いつも両親のことを
思わない日はありません。
親には少しでも長生きしていてほしいものですね。

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2015年11月09日 14:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX取扱会社