2015年01月07日

春の七草・七草粥☆冬来りなば春遠からじ



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




OLYMPUS DIGITAL CAMERA


こんにちは


本日2回目の投稿です。


1月7日の今日は、七草がゆの日


わが家でも、今日も朝ごはんは七草粥


添えてある梅干しは

昨年の自家製梅干しです>>>


OLYMPUS DIGITAL CAMERA


昔から、1年の無病息災を祈って、この日に食べます。

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ

スズナ、スズシロ


春の七草でするんるん


昔は、母・祖母が春の七草の歌を口ずさみながら

トントン・トントンと

朝早くから、台所から包丁の音が聞こえてきていました


とっても懐かしい

心があたたまる思い出です。


ブログを長く続けていると

過去記事を見ると、とっても懐かしい思いでいっぱいです。


まずは、順番は反対ですが

昨年の七草のあくる日>>>2013年

きっと、娘が熱を出したか何かで

娘のところに看病に行ったことが思い出されます。


そして2011年の七草がゆの日>>>2011年

上に書いたように、春の七草の歌と

子供のころの思い出


2011年の記事には

祖母のことを書くのを忘れていたようです


この2011年の七草粥は

フリーズドライの七草を使ったみたいですね。



今年は、ちゃ〜んと

七草を刻んで作りましたよ。


でも、七草は細かく切って

ポリ袋に入れ、昆布茶でつけた

浅漬けを使ってみました。


春の七草のほろ苦さが残っていて

何とも言えない、春の訪れを連想するお味でした。



わが家にも、春がやってきますように。


「冬来りなば春遠からじ」


イギリスの詩人シェリーの「西風に寄せる歌」の一節ですね。


今は厳しい状況にあっても

春はすぐそばに


「もう少しの踏ん張れば必ず成功するだろう」


そんなことを胸に頑張ろうという気持を

しっかりと固めた、春の七草・七草粥の日でした。



人生、悪い時ばかりじゃない!

頑張って前に進んでいこう



すみませ〜んダッシュ(走り出すさま)


今日は、なんだか私らしくないブログになってしまいます。


あることが、引っかかってしまって

どうしても気持ちが弾まないんです・・・


ごめんなさい・・・バッド(下向き矢印)


きっと来週になれば元気になると思います。


でも、この気持ち、他に向けて

今週ももう少し、頑張りますね


無病息災を願う七草粥の日に

こんなに元気じゃないのって、

やっぱり駄目ですネ。


それでは、また明日



レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




posted by いちご at 14:31| 京都 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 食の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いちごさん
七草粥
良いですね
日本の四季の行事
大切にして行きたいですね
Posted by ryuji_s1 at 2015年01月07日 15:02
こんにちは〜

すっかり七草粥を忘れてましたぁ〜
今晩食べようっと。

そうだそうだぁ〜
どん底の次は上げ潮だぁ〜
そう思って私も頑張ろう〜っと。
Posted by haru at 2015年01月07日 17:18
フローレンスからボンジョルノ 大切な季節のお料理ですね。美味しそう!身体の為に良い事をって日本文化にp
Posted by florentia55 at 2015年01月07日 23:36
ryujiさんへ

日本の良い習慣は
伝えていきたいですよね^^

娘も七草粥大好きなので
伝えていってほしいと思います。

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2015年01月14日 11:31
haruさんへ

haruさんお忙しかったですものね〜

どん底の次は上げ潮ですね。
ガンバロ〜

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2015年01月14日 11:32
florentia55さんへ

体に良いものを食べて
今年も力いっぱい頑張ります〜

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2015年01月14日 11:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX取扱会社