2014年11月24日

トロピカーナでおうちバル☆海老とマッシュルームのアヒージョ・2014年のボジョレーと2013・ティエリ・ガルディニエのボジョレーヌーボー



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




海老とマッシュルームのアヒージョ.jpg

おうちバルの料理レシピ
おうちバルの料理レシピ



おはようございます晴れ


トロピカーナでおうちバル

3日目の今日は、

スペインバルの定番、

海老とマッシュルームのアヒージョです。



定番だから、

載せようか迷いましたが

やっぱり、これが無くっちゃ”スペインバル”じゃない

そんな定番をUPしないわけにはいかないかな〜


なんて

そんな気持ちでUPしました。
るんるん


海老とマッシュルームのアヒージョのレシピ

材料

海老       5尾

マッシュルーム  6個

にんにく     1片(3等分ぐらいに切る)

塩・コショウ   少々

オリーブ油    100cc

ドライパセリ   少々



作り方

1 海老はキッチンペーパーで

  しっかりと水気をとっておく。

2 1に塩・コショウで下味をつける。

3 マッシュルームは、キッチンタオルなどで

  汚れをふいておく。

4 小さい鍋に、2・3・にんにく・オリーブオイルを入れ

  弱火でコトコト〜

5 材料に火が通ったら出来上がりです。



アヒージョ

実は前から作ってみたかったのですが、

オイルでコトコト煮るのが

やっぱり、火事が心配で

なかなか作れませんでした。



でも先日娘が帰ってきた時に作ってくれて

大丈夫と安心したので

自分でも作ってみました。



でもね、今回も、娘の時も

火が入らないかドキドキものだったんですよ



特に、娘の時はね(笑)


でも作ってみたら

しっかり水気をとり

目を離さなければ、

ぜんぜん大丈夫でした



仕上げのドライパセリは

かけるのを忘れてしまいました




そして最後に

今年GETしたボジョレーヌーボーです



チーズ・ブラックオリーブなど

ワインの為の食材も、他多数購入〜


2014年ボジョレー.jpg


今年のボジョレーはイオンのボジョレーになっちゃいましたが

フルーティで美味しかったです。



なっちゃいましたとは

なんて、イオンさんに失礼な言葉でしょうね。

ごめんなさい
バッド(下向き矢印)


でもね、昨年のボジョレーヌーボー

最高級のボジョレーヌーボーを頂いたので

あのお味が忘れられません



でも、昨年こちらのボジョレーはUPしていなかったんです・・・


今日気がつきましたダッシュ(走り出すさま)


おまけに、テンションあがったため

お写真も撮り忘れたようです。



お正月に、家族が揃ったときに頂きましたバー


そのボジョレーヌーボーは

タイユヴァンセレクションが贈る、最上級の"プレミアム・ヌーヴォー”です。

2013はティエリ・ガルディニエ氏のボジョレーヌーボー >>>
 

株式会社シュヴァリエ公式ホームページより >>> 

その特別なボジョレーヌーボーです。

2013ボジョレー・ティエリ・ガルディニエ1.jpg

ティエリ・ガルディニエ氏の友である

日本のワインラヴァ=のために作られた

ボジョレーヌーボー


2013ボジョレー・ティエリ・ガルディニエ4.jpg

2013ボジョレー・ティエリ・ガルディニエ2.jpg

たまたまご縁があり

息子が頂いてきましたが

本当に、私達にはもったいないぐらいの

高級ボジョレーヌーボーでした。



息子が先輩に

「本当のワインの味を教えたい」なんて言ってもらい

頂いてきました。



このティエリ・ガルディニエ幻のワイン

今年は、どうかな〜



2014年の今年は

楽天市場 >>>
 タイユヴァンセレクションが贈る、 最上級の"プレミアム・ヌーヴォー”



ボジョレー解禁からが

私の本格的なワインのシーズン

ワインに合うお料理

これからも、もっともっとUPしていきますね




それでは皆様

今日も素敵な一日をお過ごしくださいね






ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村





posted by いちご at 10:44| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | パーティーメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX取扱会社