2014年11月14日

わが家の肉じゃが



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




わが家の肉じゃが

わが家の肉じゃが.jpg


きのうの晩ごはん

久しぶりに、肉じゃがを作りました。



タイトルに”わが家の”とついていますが

そんなにたいそうな肉じゃがではありません(笑)

普通の肉じゃがです。



おまけに普段は糸こんにゃくが入らず

牛肉・玉ねぎ・ジャガイモ・にんじんだけです。



それではレシピに行きますね。


わが家の肉じゃがのレシピ

材料

牛肉      150g

玉ねぎ     1個(くし切り)

ジャガイモ   2個(お好みの大きさに切る)

人参      5センチ(乱切り)

糸こんにゃく  小1袋

いんげん    適量

昆布水     250cc

酒       50cc

砂糖      大2

塩       小1/2

醤油      大2

みりん     大1/2



作り方

1 糸こんにゃくは、適当な長さに切って
 
  下茹でする。

2 厚手の鍋に糸こんにゃくを入れ

  乾煎りして、水分を飛ばす。

3 2に肉・玉ねぎ・にんじん・ジャガイモを入れ

  さっと炒め、昆布水を加える。

4 調味料を、表示の順(さしすせそ)に順番に

  時間をずらして入れていく。

5 4を火をつけたり消したりして

  味をしみ込ませ、最期にいんげんを入れて出来上がり。



 昆布水は、水に昆布を入れたものを

 冷蔵庫で保存しています。



今回は青みにいんげんを使いましたが

普段はきぬさやを使っています。



寒くなってきたこの季節

ほっこり煮物が恋しくなりますね。



煮物が恋しくなったから、

久しぶりに肉じゃがでした。



ほっこり煮物って

心が温まる気がしますね。




さて明日は、母の四十九日。


少しずつ、気持ちを切り替えていく意味で

仏教では

大まかですが、初七日・四十九日・百箇日

そして一周忌とあり

少しずつ、大切な人を失った悲しみから

立ち直っていくという意味があるそうです。



四十九日で、お骨は御仏壇にまつられ

お仏壇の前のお飾は無くなり

そして、納骨でお骨をおさめ

次第に、心が受け入れられていくそうです。



このお話は父の葬儀の時に

お寺の”おっさん”(京都ではお坊さんのことを”おっさん”といいます)が

お話されていました。



rge;">”おっさん”は普通の発音じゃなくって

”お”の部分にアクセントがつくんですよ。



活字ではうまく表現できないけれど

ご想像のおっさん、ではありません
(笑)


それでは皆様

今日も素敵な一日をお過ごしくださいね




ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村





posted by いちご at 05:43| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | おばんざい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フローレンスからボンジョルノ 美味しそうな肉じゃか!丁寧な感じがとっても良いです。おっさん。。。思わず何度も呼んでしまいました。初めて知ったわぁ。。。優雅な感じがしてコレも良いと思いました。京都って憧れです。時間過ぎるの早いデスね本当に。。。p
Posted by florentia55 at 2014年11月14日 21:56
florentia55さんへ

面白いでしょ〜
主人は東京育ちなので
なかなか馴染めないようです(笑)

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2014年11月21日 06:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX取扱会社