2014年06月30日

水無月



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村



水無月

水無月.jpg


こんにちは

今日は6月30日。

1年のちょうど折り返しの日。



この日、京都では水無月を食べる風習があります。


子供の時に聞いた話では

夏本番の前に暑気払いで、

夏に負けないようにという意味で

水無月を食べると教わりました



水無月はお写真のように三角形で上に小豆が載っています


上の小豆には悪魔払いの意味

そして三角の形は暑気を払う氷を表していると言われています



下記は京都の和菓子やさん「甘春堂」さんのHPの引用です。

6月30日は水無月を食べる日です。
京都では1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、
この半年の罪や穢れを祓い、
残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が
行われます。

この「夏越祓」に用いられるのが、
6月の和菓子の代表ともいうべき「水無月」です。
水無月は白の外郎生地に小豆をのせ、
三角形に包丁された菓子ですが、それぞれに意味がこめられています。
水無月の上部にある小豆は悪魔払いの意味があり、
三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています。
旧暦6月1日は「氷の節句」または「氷の朔日」といわれ、
室町時代には幕府や宮中で年中行事とされていました。
この日になると、御所では「氷室(ひむろ)」の氷を取り寄せ、
氷を口にして暑気を払いました。

「氷室」とは冬の氷を夏まで保存しておく所のことで、
地下など涼しいところを利用して作られた、
昔の冷蔵庫のような場所です。
京都の北山には「氷室」という名の場所があり、
今でもその氷室の跡が残っています。
昔はこの北山の氷室から宮中に氷が献上されたと『延喜式』に記され、
宮中では氷室の氷の解け具合によってその年の豊凶を占ったといいます。

当時は氷室の氷を口にすると夏痩せしないと信じられ、
臣下にも氷片が振舞われたようです。
しかし、庶民にとっては夏の水はとても貴重で、
ましてや氷など簡単に食べられるものではありません。
そこで、宮中の貴族にならって氷をかたどった菓子が
作られるようになりました。これが水無月です。
水無月の三角形は氷室の氷片を表したもので、
上の小豆は悪魔払いの意味を表しています。


京都氷室 >>> 詳しくはコチラ


楽天 >>> 水無月お取り寄せ


話は戻りまして、

最近の私の暑気払い対策、

紫蘇ジュース・ブルーベリーサワー・梅酒等々

いろいろしていますが、

やっぱり昔からの習慣、

6月20日は水無月の日として

今日のお三時のスイーツは

水無月でした。



ほんとにこれで、

夏バテ対策になるの?

なんて、

こんなに歴史ある習慣に

罰当たりな事を考えて

子供の時から食べていましたが

でも、おいしいの〜



最近では黒糖の水無月

抹茶の水無月等々

いろりろな水無月が出ていますが

やっぱり本家本元の

白い水無月にしました




今日で今年も半分終わり

明日から7月。

折り返しです!



元旦にたてた目標をかなえるべく

頑張って精進していきたいと思います



さて、明日から

暑さに負けずに頑張るゾ〜



それでは皆様

今日も素敵な一日になりますように






ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




posted by いちご at 15:14| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いちごさん
水無月 素晴らしい和菓子
 美味しそうです
暑気払いにですか
情報
有難うございます
Posted by ryuji_s1 at 2014年06月30日 16:57
フローレンスからボンジョルノ Oh kyoto!伝統ある風習をちゃんと受け継いでいるなんて素晴らしいデス。京都への憧憬?と言えるかも。お上品な本日のパチッ とってもいいわぁ。p
Posted by FLORENTIA55 at 2014年06月30日 19:20
ryujiさんへ

夏になると水無月が食べたくなります^^
思い出も和菓子です。

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2014年07月14日 12:20
FLORENTIA55さんへ

子供の時から
6月30日は水無月よって
祖母がいつも買ってきてくれました^^
とってもよい思い出です。

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2014年07月14日 12:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX取扱会社