2014年06月20日

ザックジャパン☆サムライ飯



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村



サムライ飯

サムライ飯.jpg


おはようございます晴れ

ハラハラ・ドキドキの90分

結果は引き分け
ダッシュ(走り出すさま)


普段私はスポーツとは無縁

でもやっぱりこのFIFAワールドカップは燃えます



ザッケローニ監督のインタビューで

「沢山のチャンスを作ったけれど

ゴールに結びつけることが出来なかった。

もっとチャンスを作らなければいけなかった」



本田選手のインタビューで

「結果がすべてなので

勝てなかったということは悔しい!」

「最後まであきらめずに頑張りたい」



ギリシャは、途中から

この試合は引き分けでいいという流れに変更



なんで〜

そして、いたるところで???

ファールじゃないの?


サッカー音痴の私が息子に聞くと


「サッカーはこんなもんや」

「そ〜ですか・・・」




次の試合、チャンスは無ではないですが

どのように望まれますか?

という質問に

ザッケローニ監督は



「勝つことです!勝つことです!

今まで私達がやってきたように!」



あと1試合、コロンビア戦

頑張って次に繋げていってほしいですね



頑張れ、ザックジャパン


そして今日のお料理は

”サムライ飯”

先週の皆さんが、試合の前日に食べるというお料理は

パスタです。



この”サムライ飯”は梅雨バテにも効果あるらしいので

ご紹介しますね。



”サムライ飯”のレシピ

材料

パスタ      200g

鷹の爪      1本(種を出して輪切り)

ニンニク     1片(みじん切り9

パセリ      少々

納豆       2パック

オリーブ油    適量

塩・コショウ   少々



作り方

1 パスタを茹でる。

2 パスタをゆでている間に

  フライパンにオリーブ油を入れ、

  鷹の爪と、ニンニクを炒める。

3 パスタが茹であがったら、2と塩・胡椒と和えて

  お皿に盛り付ける。

4 3の上によく混ぜた納豆をトッピングして

  出来上がり。



パスタに納豆は

私的にはNGなんですが

”サムライ飯”とあって

挑戦してみました。



恐る恐る食べてみると(笑)

それがね、おいしいの〜


その美味しさにびっくりした私でした。


家族にはお料理を出すまで

「今夜は何のごはん?」

とい聞かれても

「内緒」



だって、先に言ったら

絶対にブーイングだもの

だから内緒
(笑)



案の定、息子は

「僕ぺペロンチーの止まりでいいわ」



ということで

食べたのは私と主人



でもあまりの美味しさに

病みつきになりそうでした



この”サムライ飯”が梅雨バテに効果があるというのは

納豆のビタミンB1とタンパク質などなどが

体に活力をつけて

梅雨バテを吹き飛ばしてくれるんですって



だから、この梅雨は

”サムライ飯”で乗り切ろうと決定




それでは皆様

今日も素敵な一日をお過ごしくださいね



でもね、サッカー観戦で

早くも1日終わった感じの私です
(笑)




ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




ラベル:サムライ飯
posted by いちご at 08:44| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いちごさん
サムライ飯
素敵なパスタ料りですね
おいしそうです
レシピ 
うれしいです 
有難うございます
Posted by ryuji_s1 at 2014年06月20日 15:45
フローレンスからボンジョルノ 納豆の量にジャパンを感じました!美味しそうだわぁ。コレがサムライですね。良いと思います!p (納豆が高価な食品な街の住人しておりまが7月の日本で食べるゾォ)
Posted by FLORENTIA55 at 2014年06月20日 22:15
ryujiさんへ

サムライメシ食べて
梅雨バテに備えなくっちゃデスね^^

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2014年06月30日 16:24
FLORENTIA55さんへ

7月に帰国なさるんですね^^
その時にぜひぜひ食べてみてね♪

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2014年06月30日 16:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX取扱会社