2012年12月01日

寒〜い日に、サフランであったかポトフ



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村






こんにちはわーい(嬉しい顔)

まずは11月29日の晩ごはんの画像からどうぞるんるん

塩麹のレシ2種.jpg

サフランでポトフ  鶏肉の塩麹ソテー醤油風味  

ブロッコリーの塩ヨーグルトドレッシング




今日から12月ぴかぴか(新しい)

12月と言えばクリスマスクリスマス



今年も残すところ1カ月

もうカウントダウンですね〜



やり残しの内容に

あと1カ月頑張らなくっちゃ〜
グッド(上向き矢印)


でもでも

天気予報、

当たりましたね〜


もうさっぶいさっぶいダッシュ(走り出すさま)



今お買い物から帰ってきましたが

霙が降ってきました。



寒かった〜あせあせ(飛び散る汗)


そういうと

昨日は神戸で娘とデートして

帰ってきたのが夜の11時。



寒くって、寒くってブルブルで自転車で帰りました。バッド(下向き矢印)



こんなに寒い日は

あったかポトフです。




今回のポトフは

レシピブログさんのモニター料理で

サフランを使いました。



サフランと塩麹であったかポトフ

サフランと塩麹でポトフ.jpg

ワインに合う料理レシピ
ワインに合う料理レシピ


材料

じゃがいも 3個  人参 5cm  玉ねぎ 2個

カブ 2個  ブロッコリー 1/2個  ウインナー 9本

塩麹 大1   サフラン 10本  スープ 500cc

ローリエ 1枚  黒コショウ



作り方

1 ジャガイモは皮をむいて半分に、

  カブも皮をむいて、4等分に切る。

  玉ねぎはくし切りに、人参は乱切りにする。

2 ブロッコリーは小房にわけて茹でる。

3 厚手の鍋に1とウインナーを入れ、水を500ccとブイヨンを入れる。

4 3にお茶パックに入れたサフランとローリエを入れて、

  初めは強火で、沸騰したら弱火にしてことこと〜

5 材料が柔らかくなったら、塩麹を約大1入れ、

  お好みで黒コショウを入れる。

6 5を器に盛り付けて、

  ブロッコリーをトッピングして

  いただきま〜す
るんるん




サフランは地中海発祥のスパイスで

雌しべを乾燥させたもので

とっても高級スパイスです。




体にもとってもよく

これからの季節

冷え性にも良いと言われています。


       クリック

インフォヴィレッジ サフランの効能



そういえば

友人の娘さんがとっても冷え症なのを

針の先生に相談されたところ

サフランをお茶で飲むといいよ。

というアドバイスをしてもらったと言っていました。




でもね〜

お茶にするには

高級なのよね〜




でもどこの親も同じ

自分のことはさておき

子供にはどんなに高くっても

飲ませてあげたいものですね〜



うちの娘も

超冷え症なので

今度行った時は

このポトフを作ってきたいと思います
るんるん



  


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

ラベル:サフラン ポトフ
posted by いちご at 14:57| Comment(4) | TrackBack(0) | スープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いちごさん

サフランでポトフ  
寒い日にうれしい料理です
美味しそうてす


鶏肉の塩麹ソテー醤油風味 
素敵なソテー うれしいです
Posted by ryuji_s1 at 2012年12月01日 16:18
ryujiさんへ

いつも素敵なコメントありがとうございます。
寒い季節
サフランであったかポトフでした♪
Posted by いちご at 2012年12月02日 01:32
こんにちわ、いちごさん。。

そうですよね、親ってそんなものですね。
自分のことよりも、子供のことを優先しますよね。
素敵な親子ですね!
ところで、ほんまさぶなってきたしポトフいいですね。
体があったまりますよね!!
ブログを拝見して、心も体もあったかくなりましたよ。
Posted by さすらいの阿呆鳥 at 2012年12月02日 15:43
さすらいの阿保鳥さんへ

そうですよね〜
親って
自分のことよりも
子供たち優先ですよね〜

これからはポトフの季節ですね〜
寒くなりましたので
体に気をつけて
頑張りましょうね♪

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2012年12月03日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX取扱会社