2012年08月16日

今日の一品 万願寺と茄子の味噌炒め


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ



ごめんなさい、
ピーマンと万願寺がごちゃ混ぜになってました。
正しく書き直しましたので
よろしくお願いいたします。


今日の一品

茄子と万願寺の味噌炒め

万願寺と茄子の味噌炒め.jpg


こんにちは

毎年この時期

よつばさんから

毎週、毎週

茄子と万願寺がたくさ〜ん届きます。


万願寺なんて多い時で

4袋よ!


食べても食べても無くならないんですダッシュ(走り出すさま)


私は万願寺攻めの時は

ピーマンの代わりに使ったりもしますが

先週は

ピーマンと万願寺のオンパレード(笑)



ありがたいことなんですが

腐らせたらもったいないので

毎日、毎日

なにがしかの形で

万願寺が食卓に登場します(笑)



と言うことで

今日の一品は


万願寺と茄子の味噌炒めですが


このお味噌は

8月7日に作った賀茂なすの田楽の

田楽味噌の使い回しですダッシュ(走り出すさま)

    

  こちら


でも評判は上上グッド(上向き矢印)


適当に

八丁味噌にみりん、酒、砂糖を入れて

フライパンで照りを出しただけですが

たまたまこの配分が良かったのでしょうね。

美味しかったんですわーい(嬉しい顔)


でもたまたまだから

レシピの分量はわからないんですバッド(下向き矢印)


私、適当だから

こんなこと良くあるんです(笑)


でも家庭料理だから

これもありかな〜わーい(嬉しい顔)


次作るときは

しっかり分量をメモリますね〜るんるん




ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村


posted by Sachi(いちご) at 00:12| Comment(10) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いちごさん

ピーマンと茄子の味噌炒め
美味しそう
大好きです

素晴らしいレシピ
有り難うございます
Posted by ryuji_s1 at 2012年08月16日 09:41
ナスとピーマンの味噌炒めは好物なのでよく作ります。
私は簡単に甜麺醤(テンメンジャン)を使ってますけど、ナスを甘い味噌との相性な抜群ですものね。

万願寺も好きで〜す。
焼いてポン酢を掛けるシンプルな食べ方が今は好きかな。
煮込むとフルーツのように甘くなるのもお気に入りです。
Posted by anasthasia at 2012年08月16日 09:50
こんにちは〜

美味しそうにできてますねぇ〜

私もいつも適当分量で〜す。笑

家庭の良さですよね。
Posted by haru at 2012年08月16日 14:35
万願寺?
なんのこっちゃ?
唐辛子のことなんですね^^
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2012年08月16日 15:10
ryujisさんへ

茄子って
お味噌でも、
お醤油でも、
どんな料理でも美味しいですね♪

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2012年08月17日 15:58
haruさんへ

お身体大変なのに
コメントありがとうございます。

やっぱり適当は
家庭料理の良さですよね♪

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2012年08月17日 16:03
anasthasiaさんへ

ポン酢もおいしいんですか〜
早速今日作っちゃいますね〜

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2012年08月17日 16:04
都月満夫さんへ

万願寺は京野菜の代表格で
辛くない唐辛子なんですよ♪
ごめんなさい
バタバタしていて
説明不足でした。

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2012年08月17日 16:05
こんばんわ、いちごさん。。

う〜ん、気持ちわかります。
ようけもろた時は、腐られたらあかんって思いますよね。
そうすると、どうしても毎日献立に出てしまいますよね。
でも、万願寺も季節の旬のもんやしね。
お茄子との味噌いためも、ほんま美味しそうですね!
今度、レシピお願いしま〜〜す(笑)
Posted by さすらいの阿呆鳥 at 2012年08月18日 00:14
さすらいの阿保鳥さんへ

そうなんです。
ご近所の方にもらってもらったりしますが
それでもまだ残ってるんです。
毎日万願寺(笑)

いつもありがとうございます☆
Posted by いちご at 2012年08月18日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX取扱会社