2022年12月24日

すじ肉の赤ワイン煮込みでおもてなし


料理ランキング



「サントリー×フーディストパーク」のコラボ広告企画に参加中

サントリーさまとフーディストパークさまに
バロン ド レスタック ボルドー のルージュとブランをプレセントしていただきました。

今日ご紹介するお料理は
プレゼントしていただいたバロン ド レスタック ボルドー のルージュを使った
心も体も温まるすじ肉の赤ワイン煮込みのご紹介です。

本格派ボルドーワイン、
樽熟バロン ド レスタック ボルドーを使ったので
贅沢なすじ肉の赤ワイン煮込みです。

すじ肉の赤ワイン煮込み
strawberryPC240695すじ肉の赤ワイン煮込み.JPG

樽熟ボルドーワインにぴったりな煮込み料理レシピ
樽熟ボルドーワインにぴったりな煮込み料理レシピ



わが家の冬の光熱費節約対策の一つは
お鍋でコトコト煮込み料理。

弱火でコトコト煮込んでいると
お部屋が温まり、マンションなら暖房をほぼつけなくても良いので
暖房費の節約になります。

今日ご紹介するお料理は
年末年始のおもてなしにおすすめの
すじ肉の赤ワイン煮込みです。

約1時間ほどお鍋でコトコトほったからしで作れ
他の用事が出来るので、結果的に時間の節約にもつながります。





すじ肉の赤ワイン煮込みのレシピ
strawberryPC240698すじ肉の赤ワイン煮込み.JPG

材料(2〜3人分)
すじ肉(ボイル)           200g
玉ねぎ                1個
にんにく               1片
にんじん               5p
じゃがいも(中)           2個
バロン ド レスタック ボルドー ルージュ 100t
にんべんぎゅーっとポーションだし
(12種の野菜ブイヨン)        1個
水                  400〜600t
デミグラソース            100g
GABANブーケガルニ          1袋
塩                  小1/4
ブラックペパー            少々
オリーブ油              大1
下味用(塩・ブラックペパー)     少々
塩ゆでブロッコリー          適量


作り方
1 玉ねぎはスライス・にんにくはみじん切り
  にんじんは皮をむいて乱切り・じゃがいもも皮をむいて食べやすい大きさに切っておく。
 
strawberryIMG-3446すじ肉の赤ワイン煮込み行程.jpg
  フライパンにオリーブ油を入れ
  玉ねぎとにんにくをしんなりするまで炒め
  厚手の鍋に取り出す。

3 

strawberryIMG-3448すじ肉の赤ワイン煮込み行程.jpg
  2のフライパンに、ボイルしたすじ肉を入れ
  下味用の塩・ブラックペパーを振りかけて炒める。

4 

strawberryIMG-3449すじ肉の赤ワイン煮込み行程.jpg
  すじ肉・炒め玉ねぎ・ニンニクを入れた厚手の鍋に
  赤ワインを入れて、約15分弱火でコトコト煮る。
5 4に水200t・にんべんぎゅーっとポーションだし・
  GABANブーケガルニを入れて約15分煮込み
  にんじん・じゃがいも・デミグラソースを加え
  水分が少なくなってきたら、残りの水を足しながら
  約10分コトコト煮る。
6 にんじん・じゃがいもが柔らかくなってきたら
  分量の塩・ブラックペパーを入れて味を調える。
7 6を器に盛りつけて
  塩ゆでしたブロッコリーをトッピングしてできあがり。


モニターで頂いた
バロン ド レスタック ボルドールージュは
赤ワイン特有の渋みが強すぎず
赤ワインの苦手な私のような方に、すごく美味しく楽しむことができます。
樽で熟成されているので
香りがすごく良いので、
年末年始のおもてなしに、すご〜くおすすめのワインです。






今夜はクリスマスイブ!
わが家にもサンタさん来るかな〜

それではみなさま
すてきなクリスマスをお過ごしくださいね


レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村








posted by Sachi(いちご) at 18:47| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パーティーメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月21日

バターナッツかぼちゃのかぼちゃスープ


料理ランキング



2022年12月21日は冬至!
冬至といえばかぼちゃを食べる日ですね。

毎年冬至にはかぼちゃの煮物を食べています。
毎年毎年、子供のころからず〜っとかぼちゃの煮物。

かぼちゃの煮物は好きなので
毎年かぼちゃの煮物でも、私的には構わないのですが
今朝無人のお野菜売り場に行くと
バターナッツかぼちゃがおいてあり
「無料でお持ち帰りください」と書いてあり
たまたまその畑のおじいちゃんがおられたので
「いただいていいの?」と聞くと
「おいといてもしゃーないから、みんなに貰ってもらおうと思っておいてるんやで」

そうおっしゃったので
遠慮なくいただいてきました。

もちろん他のお野菜は購入しましたよ。
お正月に食べる頭芋が2個で100円!
それも赤芽の頭芋です!

というわけで明日の冬至のかぼちゃは
バターナッツかぼちゃのスープに決まりました。

バターナッツかぼちゃのポタージュスープ

strawberryPC210688かぼちゃのスープ.JPG




バターナッツかぼちゃのポタージュスープのレシピ

材料
バターナッツかぼちゃ       200g
(普通のかぼちゃなら)     1/8個
玉ねぎ              1/4個
オリーブ油            大1/2

バター              10g
にんべんぎゅーっとポーションだし
12種の野菜ブイヨン        1個
水                400t
牛乳               200t
塩                小1/4
ホワイトペパー          少々


作り方
1 かぼちゃは種とワタをとり
  皮をむいて2センチ角ぐらいに切っておく。
2 玉ねぎは繊維を断つようにしてスライスする。
  (輪切りの方向)
3 厚手の鍋にバター・オリーブ油を入れ
  2の玉ねぎを入れて、弱火でじっくりと炒める。
 
strawberryPC210677かぼちゃのスープ.JPG
  玉ねぎがしんなりして、バターがいきわたったら
  水・にんべんぎゅーっとポーションだし12種の野菜ブイヨン
  1のかぼちゃを入れて、弱火でコトコト煮る。

5 かぼちゃがトロっとしてきたら火を止め
  粗熱が取れたら、ブレンダーかミキサーで滑らかにする。
6 5を再び火にかけ、塩・ホワイトペッパーを振る。
7 最後に牛乳を入れてひと煮たちしたらできあがり。
8 器に盛りつけて、あれば生クリームとパンプキンシードをトッピング。


 パンプキンシードは、
  170度のオーブンで約5分加熱してからトッピングしてくださいね。


明日の朝は仕事でいないので
主人の朝食に作りました。

が、もうすでに食べています(笑)

もし無くなっても
ハロウインで使うつもりが使えなかった坊ちゃんかぼちゃが残っているので
明日もしなければ、何か作ります。


それではみなさま
今日も美味しいご飯を作りましょうね



レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村








posted by Sachi(いちご) at 16:18| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱会社