2019年04月01日

新元号「令和」

 


2019年4月1日 11時40分ちょっとすぎに、新元号が発表されました。

新元号は「令和」

strawberry令和新元号令和.jpg




新元号「令和」は、日本古来の「万葉集」からの出店です。

「万葉集」大五、梅花の歌三十二首併せて序

引用文は
初春月、気淑風、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香

書き下し分は
初春の令月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風和(やわ)らぎ、
梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、
蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす。


この歌は梅が春に芽吹き、風が和らいで咲き誇っていくように
「梅」のように咲き誇る花を咲かせる日本でありたいという思いで付けられました。

万葉集は1200年余り前に編纂された、日本最古の歌集で
万葉集からの出典という事も素晴らしいですね。


万葉集(現代語訳付)


今までの元号は日本の元号にもかかわらず
中国の儒学「四書五経」出典のものでしたが、
「令和」は初めて日本の1200年余り前に編纂された
日本最古の歌集「万葉集」から出典という事にも心が躍ります。

「平成」の発表もTVで見ましたが、
その時は、正直「ふ〜ん」という感想でしたが
「令和」は意味をひも解くたびに、新しい時代に向けて
心が躍りだしそうになります。

「万葉集」をもう一度読みたくなりました。
でも若い時と違って古典の「万葉集」は難しいと思うので
探してみると、はじめて楽しむ万葉集 (角川ソフィア文庫) [ 上野 誠 ]というのを見つけました。

これなら楽しんで読めそうな気がします

はじめて楽しむ万葉集 (角川ソフィア文庫) [ 上野 誠 ]



新元号にちなんで、
ノーベル賞のパーティで使われる
神戸の酒蔵日本酒福寿から
新元号令和の記念のお酒が予約販売されています。



娘が神戸に住んでいた時、
福寿の酒蔵によく行きました。
癖のない、す〜っと飲める
本当においしい日本酒です。


ここで私の人生を少し・・・

私は昭和の生まれで、
京都の中京区の和服に家紋を書く
紋章上絵の職人の家に生まれ、
父はの伝統工芸士で、約25年ほど前に
NHKの特番で紹介していただいています。
そんな家庭に生まれました。

昭和の最後に結婚をし
結婚生活はほぼ平成でしたが、
平成の時代は、激動の時代でした。

人生山あり谷ありとはよくいいますが
本当に山あり谷ありで、
「女の一生」を本にできそうなぐらいいろいろとありました。

もちろん素晴らしい子供に恵まれ
娘は素晴らしい旦那さんと結婚をし子供をもうけ
数えきれないくらいの幸せも沢山ありました。

それとは反対に苦労も沢山。
それはいずれ本にしたいと思います(笑)
嘘です(笑)

平成最後には、
旦那さんが胃がんになり、胃を全摘しました。
根治して1年、ほっとした頃に
今度は全く違う再び大きな山がやってまいりました。
本当に平成、最後の最後にまでです。

その度に
「私の人生って何なの?」と本当に苦しくなる思いです。
もうこれで最後にして!と叫びたい気持ちです。



しかしたら、
今後私の「女の一生」的なブログを立ち上げるかも(笑)
まあ誰も読みたくはないと思うので
書かないと思います(笑)


でも新元号「令和」が発表され
来月5月1日から新しい時代になるわけですが
新しい時代「令和」の時代は
わが家にも梅が咲き誇り、あたり一面にかぐわしい香りが漂う
そんな時代にしていきたいと思っています。


5月1日スタートの新元号「令和」の時代に向かって
この1か月頑張っていきたいと思います。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね



レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村











posted by いちご at 14:00| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱会社