2019年04月25日

旬の竹の子で、簡単チンジャオロースと「クックパッド」公開レシピ

 


季節は春!
春といえば竹の子!

今年は不作と言われていましたが
やはり雨後の竹の子というように
雨が降った後にはにょきにょきと成長するようです。

毎年地元の友人から頂いたり
娘の嫁ぎ先が沢山送ってくださったり
竹の子の便りが届くと春だな〜と春を実感

春の竹の子に始まり、
6月の梅仕事等々、
毎日がとっても楽しい季節になります。






今日ご紹介するお料理は
贅沢にも旬の竹の子を使ってチンジャオロース!
特別な調味料を買わずに、家にある調味料だけで作れる簡単レシピです

strawberryP4242726青椒肉絲.JPG





簡単チンジャオロースーのレシピ
材料
竹の子      200g
豚バラ肉     150g
ピーマン     1個

醤油      大1
紹興酒(or酒) 大1
ごま油     小1
塩・胡椒    少々
片栗粉     大1〜2

創味シャンタン  大1
(なければ中華風ガラスープなど)
醤油       小1〜2
塩・胡椒     少々
ごま油      小1
サラダ油     少々


作り方
1 豚ばら肉は千切りに切り、をまぶしておく。
2 竹の子、ピーマンも千切りにする。
3 フライパンにサラダ油を入れて1を炒める。
4 3に火が通ったら竹の子・ピーマンを加え、
  創味シャンタン・塩・胡椒を入れて炒める。
5 醤油を回し入れ、最後にごま油を加えて全体に混ぜ合わせて出来上がり。


以前に創味シャンタンのモニターをさせていただいたので
今回は創味シャンタンを使いましたが、
中華だしの素ならどれでもOKです。

竹の子の産地に住んでいるので
毎年この時期にはたくさんの竹の子をいただいたり
また購入したりしています。
竹の子は子供の時から大好きで、
いろいろなお料理を作って楽しんでいます。
>>>わが家の竹の子 過去レシピ

クックパッドのほうでも竹の子レシピを公開しています。
イチオシ竹の子レシピ「竹の子の肉巻き黒コショウ風味」のレシピです。


来週は地元の友達の藪に行き
毎年恒例の野イチゴ・三つ葉・山蕗を収穫させていただきます。
GWは竹の子の佃煮・山蕗の佃煮などなど
沢山作るつもりです
今年は世間は10連休と長いお休みですが
私は老人ホームの厨房でパートしているので
何日お休みもらえるかな〜
早くシフト出てほしいです。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね





レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村












posted by いちご at 15:57| 京都 ☁| Comment(0) | 豚肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

しっとりむね肉のガーリック焼き

 


高たんぱくで低カロリーの鶏むね肉は
パサパサしているので、わが家ではあまり人気がありません。
あまりというか、全く人気がありません。
でもむね肉は節約お料理にはかかせない素材ですね。

今日は息子をうならせた、むね肉をしっとりと美味しく食べられる
レシピをご紹介しますね。

strawberryP4222721しっとり胸肉ガーリック焼き.JPG




しっとり鶏むね肉のガーリック焼きのレシピ
材料
鶏むね肉              1枚
砂糖                小1


調味料
ニンニク              1片(すりおろし)
マヨネーズ             大1
醤油                大1/2
みりん               大1/2
砂糖                小1/2
ハウス香りソルトガーリック&ソルト 少々
片栗粉と小麦粉           各大1〜2


作り方
1 鶏むね肉は食べやすい大きさに切る。
2 1に砂糖をしっかりとも見込む
3 2と片栗粉と小麦粉以外の材料を、ポリ袋に入れて
  しっかりともみ込み、約10〜30分ねかせる。
4 3に片栗粉と小麦粉を入れて、全体に馴染ませる。
5 フライパンにオリーブ油を入れて3を入れ
  中火で裏表こんがりと焼き、焼き色が付いたら火を止め
  フタをしてしばらく予熱で火を通す。


 砂糖を入れると保水効果で胸肉がしっとりとします。
  マヨネーズとの相乗効果でさらにしっとり。
 焼くときは焦げ目がついた火を止めて
  しばらくフタをして予熱で火を通して低温で火を通すと
  たんぱく質が硬くなりにくくしっとりとした仕上がりになります。



砂糖とマヨネーズを入れて、
強火で焼かずに予熱で火を通すことによって
しっとりと仕上がった鶏むね肉は
息子も旦那さんも美味しく食べられたようです。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね


レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村












ラベル:鶏むね肉
posted by いちご at 12:12| 京都 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱会社