2017年03月30日

スパイス大使|唐揚げ(柚子こしょう風味)でうち飲み


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

唐揚げ(ゆずコショウ風味)

唐揚げ(ゆずコショウ風味) おぼろ豆腐 卯の花

春の和食料理レシピ
春の和食料理レシピ  スパイスレシピ検索

窓の外を見るとポカポカ陽気ですが、家の中はまだ冷え冷えしています。
今日は少し風が強そうですね。花粉の季節到来。
私は花粉とは全く縁遠いのですが、主人と息子はマスクが離せません。
花粉が無いだけ有難いです。

今日ご紹介するレシピは、スパイス大使でいただいた
粗切り柚子こしょうを使った唐揚げレシピです。

最近開催するようになった「おうち居酒屋さん」の定番になりそうな
お酒にもご飯にもあう唐揚げです。
丁度お花見の季節ですね。
お花見のお供にもオススメです




唐揚げ(柚子こしょう風味)のレシピ
材料
鶏もも肉      約500g
粗切り柚子こしょう 大1
酒         大1
醤油        大2
小麦粉・片栗粉   各大1
油         適量


作り方
1 鶏もも肉を食べやすい大きさに切る。
2 ポリ袋に1と調味料を入れ揉み込み、
  冷蔵庫でしばらく休める。
3 2の中に小麦粉と片栗粉を入れ、まんべんなくつける。
4 3の余分な粉を落として、油でこんがりと揚げる。


これからはビールの美味しい季節。
唐揚げはビールのあてのイチオシですね。
普段はショウガ・にんにくを入れますが、
柚子こしょうで味をつけてみると、新鮮な感覚でとっても美味しかったです。
唐揚げのレパートリーが1つ増えました

粗切り柚子こしょうって、いろいろなお料理の味付け
そしてトッピングするだけでも普段のお料理がワンランクUPするので
私のかな〜りのオススメ調味料です。
実際に粗切り柚子こしょうを使うときは
息子にいつもおほめの言葉を頂きます

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごし下さいね



レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村






posted by いちご at 11:33| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

わが家の常備菜|ちりめん山椒


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村


ちりめん山椒


最近私が特にハマっている事は、ちりめん山椒作り
ブタもおだてりゃ木に登る(笑)、じゃないですが
娘が帰っていた時、妊婦の娘に食べさそうと
冷蔵庫に切らさず入れていたのが、ちりめん山椒。
でもちりめん山椒って、お高いんですよね〜

スーパーで特価になっているちりめんじゃこを見ると
必ず買って冷凍保存して、無くなると作っていました。
娘に「美味しい!もっと作って!」と言われて
娘がいる間ず〜っとちりめん山椒を欠かしませんでした。
50g300円位の、少し小さめのちりめんじゃこを買います。

今日のお写真は、少し大きめのちりめんじゃこです。
最近小さいのが見当たらなくって〜

母も生前よく作っていたちりめん山椒。
昔は石油ストーブの上で、昆布の佃煮を煮たり、ちりめん山椒を作ったりと
いつも石油ストーブが活躍していました。

やはり娘は母のしていたことをちゃんと覚えているようで
私も母のレシピを引き継いでいます。
娘も帰るとき、作り方を聞いて帰りました。




それではレシピに行きますね。
レシピと言っても、適当ですが(笑)
栄養の為、胡麻を入れています。

ちりめん山椒のレシピ(わが家風)

材料
ちりめんじゃこ(固めの物)     100g
山椒の実              お好みで
すり胡麻              適量
醤油                大2
みりん               大2
酒                 大2


作り方
1 フライパンに、ちりめんじゃこ・山椒の実・醤油・みりん・酒を入れる。
2 1を極弱火で、水分が無くなるまで混ぜながら火を通す。
3 水分が無くなったらすり胡麻を入れて、少し火を通して出来上がり。

山椒の実の保存の仕方
 山椒の実は昨年の春、友人宅で収穫させていただいたものを
 350ccのペットボトルに入れて、冷凍庫で立てて保存しています。
 ジプロック等に入れるより、この方法の方が使うとき使いやすいので
 山椒の実はいつもこの方法です。

すご〜く簡単なレシピで、本格的なのとは程遠いですが
家庭では簡単に作りたいので、わが家ではいつもこの方法で作っています。
母のちりめんさんしょとは、少し違います。
母のレシピ、しっかりと教えてもらえば良かったです。

「孝行したいときには親はなし」といいますが、
本当にその通り。
親ってず〜っといてくれるものと錯覚してしまうんですよね。
頭ではわかっていて、このちりめん山椒も、ず〜っと作ってくれる気がしていて
作り方を教わりませんでした。

ちりめん山椒のほか、母の昆布の佃煮はご近所さんから
「お店出したら〜」と言われるほどの腕前。
保存食を作るのが大好きだった母。
私もやはり似ているのでしょか、
ちりめん山椒・昆布の佃煮・梅干し等々
母ほどマメでは無いですが、作ることが大好きです。
保存食を作るたびに、母を思い出します。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね


レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村






posted by いちご at 11:46| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 常備菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱会社