2016年11月23日

スパイス大使|炊飯器で簡単ローストビーフ カボスごしょう風味の赤ワインソース(真空調理)


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

ローストビーフカボスごしょう風味の赤ワインソース
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

肉料理の料理レシピ
肉料理の料理レシピ  スパイスレシピ検索

おはようございます、いちごです。
昨日は、11月22日ということで良い夫婦の日。
久しぶり?でもありませんが、夫婦のうち飲みです。
炊飯器で作った、簡単ローストビーフと赤ワインで乾杯。

ローストビーフを炊飯器???
初めて聞かれた方は?????
でもとっても簡単に上手に出来るんですよ。
昨日のローストビーフは、モニターで頂いたGABANブラックペッパーのホールを使いました。

炊飯器で簡単ローストビーフカボスごしょう風味の赤ワインソース(真空調理)のレシピ

材料
牛もも肉ブロック        500g
GABANブラックペパー(ホール)  小1/2
粗塩               小1/2

ソースの材料
赤ワイン            大1
醤油              大1
 カボスごしょうor柚子ごしょう 小1


作り方
1 ブラックペパーをすり鉢とすりこぎで粗くつぶす。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2 牛肉に1と粗塩をまんべんなくふりかける。
3 2をポリ袋に入れる(半透明のタイプ)。
4 大きめのボールに水をたっぷり入れて、3をそっと浸して
  空気を抜き、そのあと空気が入らないようにしっかりと縛る。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5 炊飯器に沸騰した湯を2L(袋が浸かるぐらいの量)入れて
  4を浸し蓋をして、保温にする。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6 5の状態で40分放置で取り出してさましてから冷蔵庫で保存する。
7 食べる時に冷蔵庫から取り出しそのままスライスしてもOK
  お好みでフライパンでわっと焦げ目をつけてからスライスしてもOKで
  お皿に盛りつける。
8 ポリ袋に残った肉汁とをフライパンで煮詰めて、
  最後にカボスごしょうor柚子ごしょうを入れて、さっと混ぜてから
  ローストビーフにかけて出来上がり。


ローストビーフのソースのお写真、
ソースのかけかたが、イマイチですが
かけ直すことができないので、そのままUPしてしまいました。
もっと慎重にかけるべきだったわ
というか慎重にかけたんだけど、要するに不器用なのね(笑)






すり鉢ですったブラックペパー。
すり鉢の溝に入って取れにくいんですよね。
そんなときは、コレを使いました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


コレと書いたのは、名前が思い出せないんです……
ググってみましたが、見当たらずにごめんなさい。

京都のみやこメッセでたまたま出展されていた竹屋さんで
鬼おろしを購入した時に、勧められて買ったものなんです。
>>>鬼おろし
鬼おろしですった大根おろしをコレで取ると綺麗に取れるんです

昨日のワイン、実は昨年のボジョレーヌーボーなんです。
ご近所さんが某スーパーでパートをされていて
ボジョレーの季節になると購入しないといけないんですって。
そのお宅はお酒飲まないお宅なんですけど
お付き合いで買った昨年のボジョレーなんだけど飲んでくれない?
ということで、頂きました。
お付き合いで買ったボジョレーだから、一番やす〜いボジョレーなので
お味は保証できないから、料理ワインにでも使ってね。
そう言っていただいたのですが
料理になんてもったいない!と昨日飲みました。

それがね、一番お安いと聞いていたのですが
1年寝かせたからかしら?
角が取れて、すご〜くまろやかなワインになっていたんです。
これが熟成なのね
とっても美味しく頂きました。

次はクリスマスケーキを購入しないといけないんですって。
大変だな〜

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね
  





レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村






posted by いちご at 05:52| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱会社