2015年02月13日

鶏団子のとろとろカブのあったかスープとカブの効能


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「寒い朝に食べたいスープレシピ」コーナーにレシピを掲載中!


おはようございます晴れ

昨日まであたたかかったのに
またまた寒い週末になりそうですね。

そんな日には
とってもあたたまる、とろとろカブのあったかスープがピッタリ

鶏団子のとろとろカブのあったかスープのレシピ

材料

 カブ        1個(皮をむいてすりおろす)
 三つ葉       少々
☆出し汁       300cc
☆薄口しょうゆ    小2
☆塩         小1/2
☆みりん       小1


鶏団子の材料
 鶏ミンチ     100g
 ネギ       少々(みじん切り)
 生姜       少々(すりおろし)
 塩        一つまみ
 薄口しょうゆ   小1/2
 小麦粉      小1


作り方

1 鍋に☆を煮立てる。
2 鶏団子の材料を混ぜ合わせる。
3 1に2をスプーンで丸めながら落としていく。
4 3に火が通ったら、すりおろしたカブを入れて
  少し煮たてる。
5 4を器によそって、三つ葉をトッピングして出来上がり。


今回使わなかったカブの葉は
細かく切って塩をまぶして、しんなりしたら水を絞り
もう一度昆布茶を振りかけて混ぜておきます。
とってもシンプルな浅漬けです。

鷹の爪の代わりに
食べるときに一味をふると、さらに美味しくなりますよ〜

お漬物って高いでしょ〜
だから少し残った葉っぱを、刻んで塩漬けにして食べちゃいます。

この方法、娘もちゃっかり真似していました。
さすがに若いなと思ったのは
セロリのお漬物を作ったり
そんなことをしている娘に、
びっくりすると同時に、とっても嬉しかったです

カブの栄養
カブの根っこの部分
消化酵素のアミラーゼがあり
胃もたれ、胸やけの解消、そして整腸作用があります。

葉の部分
βカロテンを沢山含んでいて
抗発ガン作用・免疫機能を活性化してくれる作用があります。
βカロテンはビタミンAに変わることにより、
髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚を綺麗にする作用があります。
ビタミンcも沢山含んでいるので
風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果的。
その上、カルシウムやカリウムを多く含んでいるので
むくみを防止する効果もあります。

葉っぱの方が栄養が沢山あるのに
捨てるのはもったいないですよね。

母は、カブとカブの葉、そして揚げの煮びたしを
冬になるとよく作っていました。

朝から胃がむかむかしてるので
あと1個残っているカブで
もう一度作ろうかしら・・・

鶏団子は、倍の量作って冷凍してあるので
すぐに出来ちゃいます。

元気な間に作っちゃお。
今日は暖かくして静かに過ごすことにします。

それでは皆様
今日も素敵な一日をお過ごしくださいね



レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村




posted by いちご at 05:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱会社