2015年01月13日

「人生をもう一度やり直すとしたら」



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村





道(人生)


おはようございます晴れ


11日は義父の一周忌でした。


なんとなく、人生について考えていると

「人生をもう一度やり直すとしたら」という詩を見つけました。


今、話題になっている詩らしいですね。


ナディーン・ステアという85歳の女性の作の
「人生をもう一度やり直すとしたら」

人生をもう一度やり直すとしたら、今度はもっとたくさん失敗したい。
そして肩の力を抜いて生きる。もっと柔軟になる。
今度の旅よりももっとおかしなことをたくさんする。
あまり深刻にならない。もっとリスクを冒す。
もっと山に登ってもっと川で泳ぐ。
アイスクリームを食べる量は増やし、豆類の摂取量は減らす。
問題は増えるかもしれないが、想像上の問題は減るだろう。
というのも、 私は毎日常に良識ある人生をまともに生きてきた人間だからだ。
もちろん、ばかげたことも少しはやった。
もし生まれ変わることがあったら、ばかげたことをもっとたくさんやりたい。
何年も先のことを考えて生きる代わりに、その瞬間だけに生きたい。
私はどこに行くにもいつも万全の準備を整えて出かけるのが常だった。
体温計や湯たんぽ、レインコートなしにはどこにも行かなかったものだ。
人生をやり直すとしたら、もっと身軽な旅行をしたい。
もう一度生き直すとしたら、
春はもっと早くから裸足で歩き出し、秋にはもっと遅くまで裸足でいる。
もっとたくさんダンスに出かける。
もっとたくさんメリーゴーラウンドに乗る。
もっとたくさんのディジーを摘む。
それぞれの瞬間をもっとイキイキと生きる。


この詩を読んで、まるで私ダッシュ(走り出すさま)


義父が無くなって1年。そしてその間の様々な人間模様。

法事と言う機会は

普段なかなか会うことが出来ない親戚縁者さんとお会いする機会でもあり

いろいろな、心の行き違いを発見したり

また修復されたりする大切な機会のような気がします。


「良きようになるために」そんな思いでお力をお貸しくださった方など。


そんな法事と重なった時期にこの詩を見つけて

自分の人生を振り返る機会としてみました。


「人生をもう一度やり直すとしたら」

やはり私は「毎日常に良識ある人生をまともに生きたい」


でも、自分を大切に、そしていろいろな事を

正しく見極める眼をもち、惑わされることなく

そして、自由にのびのびと生きていけたら、どんなに素晴らしい人生なのかと。


私の今までの人生

両親に教えられた、良識ある人生。

とっても大切な事ですよね。

でも、あまりにも囚われ過ぎていて

あまりにも堅苦しい人生なのかと。


両親も、そのような事は望んではいないはずなのに

もっともっとのびのびと生きてほしいはずだったはずなのに。


自分を、自分の枠に閉じ込め

勝手に堅苦しく、しんどい人生にしているのではないかと。


「人生をもう一度やり直すとしたら」

一番大切な「思いやり」を忘れずに

自由にのびのびとした人生を送りたい。


でもね〜

思いやりを悪意にとる人がいたら

どうすればいいのかと考えてしまいますが。


でも、そう思っているだけで

実は私は、自分のことを一番に考えてしているだけなのか・・・


そんなこと無いはず。

みんなが幸せになれるように考えてしているのに・・・


でも、やっぱり自己中なの?


そんな思いがグルグルと頭をめぐるこの一年。


疲れた〜(笑)


なんだか疲れて、もうエネルギーが残って無い気がするのですが

でも残された人生、あと何年あるか分からないけれど

思いやりを忘れずに、もっと自由にのびのびと生きていきたい!」


そして私の一番の長所?と信じていますが

人の幸せを一番に思い、

思ったら体がすぐに動いてしまう

反対から見ればお節介かもしれないけれど

そんな自分にもう一度戻って、生きたいと思っています。


もう少しエネルギーを蓄えてからね



またまた取りとめのないブログになってしまいましたが

「人生をもう一度やり直すとしたら」の詩が

あらためて今の自分を見つめる機会を与えてくれました。




それでは皆様

今日も素敵な一日をお過ごしください





レシピを掲載していただいています
書籍『5分でもう一品 野菜のおかず』
※ネット書店の「Amazon」より購入が可能です



5分でもう一品 野菜のおかず


ランキングに参加しています。

よろしければ応援していただけると

とっても幸せでするんるん

 ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村





posted by いちご at 06:58| 京都 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱会社